繊維to繊維リサイクル 実現には消費者の理解必要 主婦連学習会🔒

◎帝人フロンティアの沖本さんが最新技術を紹介

繊維産業に環境対策を求める動きが世界的に強まる中、主婦連合会の衣料部は11月22日、学習会「繊維製品の過去・現在・未来について考える」を開いた。帝人フロンティア・サステナビリティ戦略推進部担当課長の沖本智美さんが世界と日本の取り組み状況を報告し、繊維to繊維リサイクルの実現に向けた最新技術を紹介した。沖本さんは「リサイクル技術や回収の仕組みづくりなどの課題については一つの解決策が見いだされたが、リサイクル製品をいかに売れるものにしていくかという課題が残っている。アパレルメーカーの力とともに、一般生活者の理解が必要だ」と呼びかけた。

帝人フロンティア沖本さん

大きく変化する繊維業界の未来図を語る帝人フロンティアの沖本智美さん(11月22日、主婦会館プラザエフにて)

沖本さんによると、欧州で繊維製品を巡る規制強化の動きが加速しており、処分量に関する情報開示や売れ残り品の廃棄禁止、環境負荷に関する製品ラベル表示といった厳しい要件が次々と施行される予定。また、海外アパレル大手各社が環境規制に先行し、自主的な取り組みを進める動きが広がっているという。

一方、日本でも経済産業省が検討会を設置し、昨年5月に「繊維ビジョン」と「繊維技術ロードマップ」を策定。重点的な取り組みとして、マイクロプラスチック対策、バイオ素材の普及、無水型染色加工技術の実用化とともに繊維to繊維リサイクルが位置付けられた。沖本さんは「この数年、目まぐるしく繊維業界への規制が厳しくなり、日本でも対策を打つ必要が出てきた。国内でもアパレルが衣服の回収に取り組んだり、リサイクル素材の使用をうたうポップが掲示されるようになったりと変化がみられる」と説明した。

こうした中、帝人フロンティアはポリエステルとポリウレタン弾性繊維の複合素材からポリウレタンを分離・除去する技術を開発。繊維to繊維リサイクルの前進につながるとして、世界的な注目を集めた。ポリウレタンは着心地や伸縮性を高め、繊維製品には欠かせない素材。衣料品などに数%程度使われるが、ポリウレタン混紡素材はリサイクル対象外となり……(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」12月1日号より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン
📌ファクティバ

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 日本ヒーブ協議会定時総会
    日本ヒーブ協議会は4月19日、今年度定時総会と記念公開講演会を会場及びオンライン参加との併用で開催、c
  2. ろうそくの燭台
    ◎火の点いた芯飛ぶことも 東京消防庁管内で2022年、ろうそくによる火災が36件発生し、過去10年c
  3. 子どもケミネット
    ◎発足2年目 国際プラスチック条約会合でロビー活動も 昨年4月に発足した「有害化学物質から子どもをc
  4. 公益科学センター
    米食品医薬品局(FDA)は5月8日までに、動物における意図的なゲノム改変(IGA)の規制・承認アプロc
  5. ベニコウジ色素
    ◎食の安全グローバルネット、研究者招き呼びかけ 4月24日、参議院議員会館で「紅麹(小林製薬)とベc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る