特商法違反で業務停止命令11件実施 東京都2016年度

東京都は2016年度に実施した事業者指導の概要をまとめた。特定商取引法と都消費生活条例に基づき計111件の行政指導を実施。そのうち特商法違反で11件の業務停止命令を出した。

内訳は特商法に基づく業務停止命令が11件、条例に基づく事業者名公表が2件、特商法および条例に基づく指導が98件。件数的には前年度(116件)とほぼ同水準となった。

取引累計でみると、訪問販売が42件と最多。屋根や外壁の工事、排水管洗浄、布団、新聞などの勧誘時に「有名店の名前を偽って訪問する」「断っている消費者に無理やり勧誘する」「契約書を消費者に渡さない」などの不適正行為を確認した。

次いで多かったのが通信販売で26件。健康食品や情報商材を宣伝する際、「返品方法についての記載が十分でない」「消費者が勘違いするような広告を載せる」などの行為を把握した。

業務停止命令の事例では、消費者金融で借金をさせて高額なオイルマッサージの契約を結んでいたエステ事業者に12か月の一部業務停止命令を実施。うその説明をして換気口用フィルターを販売していた事業者に6か月の一部業務停止命令を出すなどした。

都は今年度(9日現在)、特商法に基づく行政処分を7件(業務停止命令4件、改善指示3件)実施している。依然として高齢者や若者を狙ったトラブルが相次いでいて、「不審に思ったらすぐに最寄りの消費生活センターに相談してほしい」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 消費者庁
    AI(人工知能、Artificial Intelligence)による社会のデジタル化が進行する中、...
  2. コンシューマーリポート
    「99.99%除菌」「細菌やバクテリアを99.99%除去」などとうたって販売されているスチームモップ...
  3. 国民生活センター福原奈央さん
    国民生活センター教育研修部上席調査研究員付主査・福原奈央さん ◎地方消費者行政支援 「見守り活動...
  4. 味の素は7月7日、今年発売50周年を迎える「ほんだし」をリニューアルすると発表した。具だくさんみそ汁...
  5. 今後5年間の消費者政策の重要施策がまとまった。153施策が提示され、それぞれ取組予定と重要業績評価指...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る