遺伝子組換え表示の最終抜本改善を要望 主婦連

主婦連合会は3月9日、「分かりやすい遺伝子組換え表示制度を求める」とする要望書を消費者担当・福井大臣、消費者庁・岡村長官、消費者委員会・高委員長、そして改善検討に取り組んでいる消費者庁「検討会」の湯川座長宛て、提出した。トレーサビリティなどの「社会的検証制度」を導入し、表示義務対象品の範囲を撤廃すること、表示の厳格化を図り、混入率5%規定の引き下げを図ることなどを求めている。同表示制度については3月中旬の検討会で最終案が決定される。

主婦連合会の要望書は、現行の遺伝子組換え表示制度の分かりにくさを指摘し、食品輸入大国の日本でこそ、世界に先駆けた表示制度の導入が必要と訴えている。現状の改正案は、そのような消費者の意向と離れ、「極めて限定的なものであり、真に消費者の選択に資する表示制度の実現にはほど遠いものになっていることは大変遺憾」と指摘。検討会でのとりまとめの方向性は「世界の潮流に立ち遅れているのではと危惧する」とし、次のような施策採用を求めている。

1つは、遺伝子組換え表示義務付けの範囲を撤廃し、社会的検証を導入した表示制度とすること。現行33食品の対象範囲の拡大はもとより、組換えDNAなどの存在が検証できない食品に対してはトレーサビリティなど社会的検証制度を導入することを求めている。

2つ目は、「遺伝子組換えでない」という現行任意表示について、同表示を使用する場合には「検出限界以下とすることについて賛成」としている。

3つ目として、「遺伝子組換えでない」という表示が検出限界以下に認めらえる場合に、現行の5%以下の意図せざる混入がある場合の表示は「遺伝子組換え○%以下」と現実に即した明快な表示にすることを提案している。

その上で、現行の混入率5%の規定についても、「これは世界的にも高い値であることから引き下げることを検討すべき」としている。3月にまとまる検討結果については、「パブリックコメント(一般からの意見募集)にかけ、広く国民からの意見を収集すること」なども要求した内容。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 豆乳
    豆乳の人気が広がっている。出荷量は10年連続で増加し、昨年は過去最高を記録。今年は1-9月期ですでに...
  2. 葬儀事前相談員資格認定試験
    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  3. 風力発電
    英国の非営利助言団体「シチズンズ・アドバイス(citizens advice)」は11月8日、陸上風...
  4. イベント
    企業と生活者のパイプ役を担い、働く女性で構成する一般社団法人日本ヒーブ協議会は12月4日と来年1月1...
  5. 英国の消費者団体Which?
    キャッシュレス化や銀行の支店閉鎖が加速する英国で、250を超す地区でATM(現金自動預け払い機)がま...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る