チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超える消費者が来場した。12日には全国から応募された528作品のチーズレシピの中から、北海道ブロックから選出されたクリームチーズを使った「とかちパイ」のレシピがグランプリを勝ち取った。

チーズフェスタ2017

チー1グランプリには全国から528レシピが寄せられた

チーズフェスタは、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会が主催するもので今年で26回目。チーズの日である「11月11日」にあわせ、今年も東京都渋谷区恵比寿で開催された。初日の11日だけで約3700人の消費者が来場、2日間で約7千人が訪れた。子ども連れ家族も目立った。

当日は、国産はじめ各国のチーズが陳列され、いずれも販売ブースで人気を博していた。2日間での売上金はユネスコに寄付され、世界の子どもたちのために使われる。この点もチーズフェスタの特徴とされてきた。

大きな注目を集めたのは、「チー1グランプリ」の発表。全国から応募されたチーズレシピの最優秀賞の決定だ。チー1グランプリは、郷土料理の食材を使ったチーズレシピのコンテストで、今年で6回目。12日にその結果が発表された。全国から528のレシピが寄せられ、当日までに6ブロック12作品がグランプリ受賞候補にエントリーされていた。

グランプリを受賞したのは北海道から応募された「とかちパイ」。クリームチーズを使い、地域食材として十勝あずきと十勝大豆をコラボしたもの。準グランプリは2作品が入賞し、茨城県からの「シャキとろ蓮根チーズバーグ」及び、富山県からの「新玉ねぎ・白エビとチーズで揚げないかき揚げ風」が入賞した。いずれも郷土料理を使ったチーズレシピだ。

「チー1グランプリ」の入賞作品などはチーズフェスタのホームページに掲載されている。チー1グランプリでは、今年もタレントの峰竜太さんがプレゼンターとして参加した。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 加熱式たばこ警告表示
    JTは12月5日、加熱式たばこ「プルーム」ブランドの16銘柄について、パッケージデザインをリニューア...
  2. 日本消費者連盟
    日本有機農業研究会や日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンなど消費者・農民団体は「...
  3. 成年年齢引下げを考えるIN KYOTO
    京都の大学生が企画運営した公開ラジオ放送のトークイベント「成年年齢引下げを考える in KYOTO~...
  4. 自動車
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は12月3日、タカタ製エアバッグのリコール率が85%に達...
  5. ダイドー紙おむつ自動販売機
    ダイドードリンコや大王製紙など3社はこのほど、茨城県潮来市の道の駅「いたこ」に飲料とコラボしたベビー...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る