2015年度の食品ロス646万トン 家庭から289万トン

  • 2018/4/18

環境省は4月17日、国内で発生した食品ロスの最新推計値を公表した。

2015年度の食品廃棄物は約2842万トンで、このうち食べられるのに廃棄された食品ロスは約646万トンだった。食品ロスの内訳は事業者が357万トン、一般家庭が289万トン。食品メーカー・小売・外食などの現場で規格外品や返品、売れ残りが廃棄されたほか、家庭では食べ残し、可食部の過剰除去、直接廃棄などによりごみとして排出された。

国連WFPが飢餓撲滅に向け実施した世界食糧支援は年間350万トン(2016年)で、日本の食品ロスはこれを大きく上回る。国連は2015年9月、持続可能な開発目標(SDGs)の一つとして食品ロス問題を取り上げ、2030年までに世界全体の1人当たりの食料廃棄を半減させることを掲げた。

環境省などは食品ロス削減に向け啓発資材を作成。消費者に対し、「購入後すぐに食べる商品については賞味・消費期限の長いものを選んで購入するのではなく、陳列順に購入してほしい」と呼びかけた。

■食品ロスの推移(環境省資料より作成)
08年度 500万~900万トン(うち家庭から200万~400万トン)
09年度 500万~800万トン(うち家庭から200万~400万トン)
10年度 500万~800万トン(うち家庭から200万~400万トン)
11年度 500万~800万トン(うち家庭から200万~400万トン)
12年度 642万トン(うち家庭から312万トン)
13年度 632万トン(うち家庭から302万トン)
14年度 621万トン(うち家庭から282万トン)
15年度 646万トン(うち家庭から289万トン)

関連記事

Pickup!記事

  1. 赤信号
    関東経済産業局は3月19日、叙勲者や褒章受章者などを対象に電話勧誘販売をしていた「日勲」(東京都港区...
  2. 車輪に傘を巻き込む
    新生活がスタートする4月と5月に自転車の製品事故が増加するとして、NITE(製品評価技術基盤機構)が...
  3. 宮腰光寛消費者担当大臣
    国際消費者機構(CI)が提唱する3月15日の「世界消費者権利デー」にちなみ、消費者担当・宮腰光寛大臣...
  4. 全国消費者大会
    全国の消費者35団体が実行委員会を結成し3月15日、都内で全国消費者大会を開催した。今年で57回目。...
  5. which
    ユニークな生活家電を世に送り出し、各国のテレビショッピング業界では知られた存在となっている英国JML...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る