国産食材使った飲料のオリジナル自販機、農水省内に設置

国産食材使用の飲料のみを集めたオリジナル自動販売機が農水省内に登場した。来庁者に国産食材の消費拡大の取り組みをアピールする狙い。自販機を運営する農水省食料産業局は「将来的には空港への設置など横展開を図り、外国人観光客に国産食材の良さを知ってもらう機会としたい」と展望を語った。

農水省オリジナル自販機

農水省内に設置されたオリジナル自販機。昼休みを終えた職員が国産トマトジュースを購入する姿も見受けられた(18日午後)

自販機は4月13日、年間200万人以上が訪れる「消費者の部屋」付近の1階北別館入り口と、食料産業局展示コーナー付近の6階本館エレベーター前の2か所に設置された。自販機本体とリサイクルボックスには食料自給率向上の国民運動「FOOD ACTION NIPPON(フード・アクション・ニッポン)」のキャラクターをあしらい、来庁者に農水省の取り組みをアピールしていく。

販売中の飲料は、国産茶葉使用の「加賀棒ほうじ茶」(ポッカサッポロ)、国産大豆100%使用の特定保健用食品「焙煎大豆茶」(キッコーマン)、国内で採水した「いろはす」(コカ・コーラ)など9種類。今後はラインアップを拡充するとともに季節に応じた商品構成の見直しを図り、売上実績を積み上げる方針。将来的には自販機ベンダーとの協業により空港やターミナル駅への展開もにらむ。

国産食材使用の飲料のみを販売する自販機は珍しく、食料産業局企画課は「現在のラインアップは茶系飲料を中心だが、季節や地域ごとの果物を使った飲料を集めるなど様々な企画が思い浮かぶ。東京五輪に向けたインバウンド消費が活発化する中、外国人観光客にも国産食材の良さを体感してもらえるよう、この取り組みを広げていきたい」と説明した。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 加熱式たばこ警告表示
    JTは12月5日、加熱式たばこ「プルーム」ブランドの16銘柄について、パッケージデザインをリニューア...
  2. 日本消費者連盟
    日本有機農業研究会や日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンなど消費者・農民団体は「...
  3. 成年年齢引下げを考えるIN KYOTO
    京都の大学生が企画運営した公開ラジオ放送のトークイベント「成年年齢引下げを考える in KYOTO~...
  4. 自動車
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は12月3日、タカタ製エアバッグのリコール率が85%に達...
  5. ダイドー紙おむつ自動販売機
    ダイドードリンコや大王製紙など3社はこのほど、茨城県潮来市の道の駅「いたこ」に飲料とコラボしたベビー...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る