<英国>銀行の支店閉鎖がさらに加速 高齢者への影響を懸念

英銀行大手ロイズ・バンキング・グループが新たに49支店の閉鎖を発表したことを受け、消費者団体Which?は4月17日、今年の銀行支店閉鎖総数がこれで418件になったと発表した。同団体は支店閉鎖動向を監視する取り組みを展開中で、「2015年以降1944件の支店が消えたが、ますますペースが加速している」とコメントした。

ロイズは昨年12月に49支店の閉鎖を発表していたが、今回新たに49支店を追加する計画を明らかにした。年内の閉鎖が決まっているのは、ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)などのグループが269支店、ロイズが98支店、バークレイズが43支店、ヨークシャー・ビルディング・ソサエティが8支店の計418支店。ロイズの広報担当者は「支店閉鎖は取引数の減少に対応して行ったものだ」と説明した。

Which?は「銀行支店閉鎖マップ」をホームページ上で公開し、金融会社に預金者の保護を呼びかける取り組みを展開してきた。金融機関との意見交換では、RBSのロス・マクワンCEOが「支店の利用者が40%減少した一方で、モバイルバンキングの利用が急増している」と説明するなどしていた。

Which?は、急激な支店閉鎖とモバイルバンキングの拡大の狭間で、地方に住む高齢者の利便性が大幅に低下していることを懸念している。銀行側は郵便窓口を経由したネットワークを充実させるとともに、移動店舗車を運用して需要に応える方針。追加の支店閉鎖を発表したロイズは移動店舗車を7台増やし、計36台体制で地方をカバーすることを約束した。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ダイソン偽サイトトップページ
    実在の通信販売サイトをかたった偽サイトなどに対し、消費者庁は10月21日、当該サイト名を公表し、被害...
  2. rice
    消費者庁は10月20日、農産物の検査規格見直しに伴い、玄米、精米の表示制度の見直しも必要になることか...
  3. ダイドー足操作自動販売機
    コロナ禍の公衆衛生意識の高まりを受け、ダイドードリンコが足による操作で購入できる「足操作自動販売機」...
  4. 脚立の誤使用事例
    脚立やはしごで作業中、バランスを崩すなどして転倒・転落する事故が2019年度までの10年間に398件...
  5. 香港消費者委員会
    消費者保護機関の香港消費者委員会は10月15日、市販の乾燥スパイス37点をテストした結果、約2割から...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る