【香港】セルライト除去クリーム、効果は限定的で一時的

セルライト除去クリームの効果はごくわずかで一時的、しかもボディーローションと同程度だった――。こうした残念なテスト結果を香港の消費者団体「香港消費者委員会」などが発表した。同団体は「使用者には大きな失望をもたらすことになるが、健康的な食生活と定期的な運動の効果は長続きし、身体に変化をもたらす可能性がある」として、生活改善を勧めている。

テストは非営利の国際的試験機関ICRT(International Consumer Research and Testing)との共同実施。欧州市場で販売されている国際ブランド14製品を対象とし、18歳~50歳までの450人がこれまで通りの生活をしながら4週間、クリームを大腿部(太もも)に塗布した。参加者の内訳は製品ごとに各30人(計420人)、残る30人は一般的なボディークリームを塗ってもらい比較対象群とした。

4週間後の測定では、太もも周りが平均1.2~2.9ミリとわずかに減少したものの、ボディーローションのみを塗布した参加者も平均1.3ミリの減少を達成。二つのグループの差はほとんどなく、専門家は「太もも周りの減少は塗布の際のマッサージ作用がもたらした効果で、一時的なものだ」と分析した。

また、セルライト除去効果を調べたところ、皮膚表面形態に顕著な変化や改善は認められず、効果が最小限にとどまることが判明した。わずかな改善を得られた参加者は除去クリームで40~63.3%、ボディーローションで平均26.7%。専門家は「除去クリームの有効性は低く、失望する結果。改善度は非常に小さく、セルライトを完全に除去するものではない」と指摘した。

皮膚科領域の臨床研究の多くは、セルライト除去製品(カフェインやビタミンA誘導体を含むもの)を局部に使用してもオレンジピール(セルライトのこと)の改善にはつながらなず、ボディーローションとの違いもほとんどないと結論付けている。

香港消費者委員会は「今回のテストは多くの研究成果と同様の結果になった。セルライト除去クリームを使用する利点はほんのわずかしかなく、その効果は短命。個人差も大きく、人の目では容易に識別できないものであり、購入する価値があるのか慎重に検討してほしい」と呼びかけた。ただし、テストした14製品は香港ではほとんど入手できないものだとしている。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る