組み換え表示で日米韓国際シンポ 日消連など報告会予定

韓国・ソウルで7月19日、日米韓の消費者・市民団体が遺伝子組み換え表示をめぐる国際シンポジウムが開催された。同シンポジウムに参加したNPO法人日本消費者連盟は、7月24日にその報告会を都内で開く、と発表。世界に先駆けた韓国の表示やGM表示に積極的な米国の状況が報告される。

韓国では遺伝子組み換え表示について今年3月、消費者・市民団体が20万人以上の署名を集め、現行表示制度の改正を訴えた。組み換え材料が使われた食品を消費者が容易に判別できるよう表示の実効性を高めることを求めるとともに、遺伝子組み換え食品の反対運動も積極化させている。

米国でも遺伝子組み換え食品への反対運動は年々大きくなっており、子どもたちへの食べ物を守る活動を展開する「Moms Across America」という市民団体が遺伝子組み換え食品への反対運動を展開してきた。

7月19日には、これら日米韓の市民・消費者団体がソウルに集まり国際シンポジウムを開いた。日本からは日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン、生活クラブ連合会の各代表らが参加。それぞれ表示の重要性を各国参加者にアピールした。

日本からの参加者らは7月24日に国際シンポジウムの内容、決議項目などについて都内(東京ウィメンズプラザ)で報告会を予定している。参加問い合わせは日本消費者連盟(電話03ー5155ー4765)まで。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 鍋の取っ手は内側に
    米消費者情報誌コンシューマーリポートが、台所での火事ややけどの事故を防ぐポイントを伝授。その6か条と...
  2. インターネット
    インターネット接続の契約終了時、常に業者やプランを変更している人は5人に1人にとどまることが、英国の...
  3. 米運輸省の道路交通安全局(NHTSA)が1979年に開始した自動車アセスメントプログラムが今年で40...
  4. ペットボトル協働回収
    全国清涼飲料連合会(全清飲)は11月の1カ月間、自販機横に設置している「空容器リサイクルボックス」の...
  5. 地方消費者行政調査結果
    消費者庁は10月17日、「令和元年度地方消費者行政の現況」についての調査結果を発表。地方の消費者行政...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る