仮想通貨の相談4倍増、500万円超の契約事例も 埼玉県

埼玉県消費生活支援センターがまとめた2017年度消費生活年報によると、「仮想通貨」に関する相談が前年比4倍に急増していることがわかった。取引所や投資話、マルチ商法に絡んだ事例が寄せられた。

同センターによると、16年度に49件だった仮想通貨の相談が、17年度は199件と4倍に急増。40歳代と50歳代からの相談が全体の半分を占めたほか、契約金額別では「10万~50万円未満」が62件と最も多かったものの500万円以上の事例も7件あった。平均契約金額は約126万円と高額。

「取引所に預けている仮想通貨の出金手続きが停止された」「口座を開設し入金したが、いつまで経っても仮想通貨に反映されない」など取引所に関する相談や、「仮想通貨で儲けるプロジェクトに参加し投資したが思うように儲からない」といった投資話、「仮想通貨を購入し、人を紹介したら仮想通貨を受け取れる」というマルチ・マルチまがいの事例が寄せられた。

仮想通貨トラブルを巡っては、金融庁の「金融サービス利用者相談室」にも相談が寄せられており、5月に発表された1-3月期の相談件数は3559件と前期(10-12月)と比べて3倍に急増。国民生活センターが4月にまとめた全国の相談件数でも、17年度は前年比3倍の2666件と増加していた。消費者庁・金融庁・警察庁は連名で昨年9月、仮想通貨に便乗した詐欺勧誘や仮想通貨交換業者の不十分な対応について注意を呼びかけていた。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    英政府は、消費者法に違反する取引行為を行った企業に対し、競争・市場庁(CMA)が直接罰金を科すことが...
  2. ホスピタルダイエット注意
    消費者庁の岡村和美長官は6月19日、今年7月に関係省庁・自治体などと連携して実施する食品に関する夏期...
  3. コンシューマーリポート
    サムスンがツイッター上に、QLEDテレビの定期的なウイルスチェックを勧めるツイートを投稿した後、この...
  4. 神戸
    兵庫県立消費生活総合センターがまとめた2018年度の県内消費生活相談状況によると、苦情相談が前年度比...
  5. 日本消費者連盟
    消費者・市民団体の間から、ゲノム編集食品の対応に関する審査のやり直しと、流通した場合の全面的な情報公...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る