仮想通貨の相談4倍増、500万円超の契約事例も 埼玉県

埼玉県消費生活支援センターがまとめた2017年度消費生活年報によると、「仮想通貨」に関する相談が前年比4倍に急増していることがわかった。取引所や投資話、マルチ商法に絡んだ事例が寄せられた。

同センターによると、16年度に49件だった仮想通貨の相談が、17年度は199件と4倍に急増。40歳代と50歳代からの相談が全体の半分を占めたほか、契約金額別では「10万~50万円未満」が62件と最も多かったものの500万円以上の事例も7件あった。平均契約金額は約126万円と高額。

「取引所に預けている仮想通貨の出金手続きが停止された」「口座を開設し入金したが、いつまで経っても仮想通貨に反映されない」など取引所に関する相談や、「仮想通貨で儲けるプロジェクトに参加し投資したが思うように儲からない」といった投資話、「仮想通貨を購入し、人を紹介したら仮想通貨を受け取れる」というマルチ・マルチまがいの事例が寄せられた。

仮想通貨トラブルを巡っては、金融庁の「金融サービス利用者相談室」にも相談が寄せられており、5月に発表された1-3月期の相談件数は3559件と前期(10-12月)と比べて3倍に急増。国民生活センターが4月にまとめた全国の相談件数でも、17年度は前年比3倍の2666件と増加していた。消費者庁・金融庁・警察庁は連名で昨年9月、仮想通貨に便乗した詐欺勧誘や仮想通貨交換業者の不十分な対応について注意を呼びかけていた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ホワイトハウス
    来年秋の米大統領選挙に向けた民主党の指名争いで、200ドル未満の少額献金総額が巨額献金総額を上回った...
  2. 全国消費生活相談員協会公開シンポ
    現在の消費者行政はバブル崩壊後の冬の時代に続く、第2期冬の時代に入りつつある――。そんな指摘が11月...
  3. 危険なベビーベッド
    下部に扉付きの収納部分があり、乳児の眠る位置の高さを調整できる木製ベビーベッドを使用中に、相次いで死...
  4. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は11月14日、長年にわたりFTCの詐欺対策を支援してきたとして、米郵政公...
  5. あはき柔整広告ガイドライン検討会
    国家資格が必要なあん摩マッサージ指圧・鍼灸・柔道整復(接骨)の施術院で不正な広告が横行している問題で...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る