カンピロバクター食中毒「認知度低い」 愛知県調査

最近多発しているカンピロバクター食中毒を巡り、半数以上の人が市販の生の鶏肉から高い確率で菌が検出されることを知らなかったことが、愛知県の消費生活モニターアンケート結果でわかった。アニサキスによる食中毒については半数以上の人が内容を知っていたこともわかり、県は「カンピロバクター食中毒の認知度が低いことがうかがえる」としている。

調査は今年7~8月にかけて県消費生活モニター198人(20歳以上の男女)を対象に実施。食中毒に関する調査では、アニサキスとカンピロバクターについて質問し、各項目について知っているかを聞いた。

アニサキスによる食中毒では、

「アニサキスの幼虫が寄生する魚介類(サバ、イワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなど)を生(なま)や生に近い状態で食べることで発症すること」を知っていると答えた人は83.9%にのぼった。

「アニサキスの幼虫は、一般的な料理で使う程度の食酢での処理、塩漬け、醤油やわさびを付けても死なないこと」は64.5%。

「予防法として、加熱(60℃では1分、70℃以上では瞬間的)又は冷凍(-20℃で24時間以上)することが有効であること」は63.9%。

3項目とも6割以上の人が「知っている」と回答し、県は「一定程度、認知されていることがうかがえる」と分析した。

一方、カンピロバクター食中毒では、

「市販の生の鶏肉から高い確率でカンピロバクター菌が検出されること」が48.5%。

「飲食店で鳥刺し等の生の鶏肉を食べるとカンピロバクター食中毒にかかる可能性があること」が56.9%。

「鶏肉が新鮮であることとカンピロバクター菌の汚染とは関係がないこと」は最も低く30.1%。

「たとえカンピロバクター菌に汚染された鶏肉でも、中心部まで加熱すれば問題なく食べることができること」は37.7%だった。

4項目のうち3項目で「知っている」との回答が半数以下となり、「カンピロバクター食中毒の認知度が低いことがうかがえる」と指摘した。県は調査結果を今後の施策の参考とする方針だ。

関連記事

新着記事

  1. コンシューマーリポート
    蚊やダニが媒介する感染症の防止に欠かせない虫除け剤--。子どもを守るために必要だとわかっているものの...
  2. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  3. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  4. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  5. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る