【米国】シアーズ破産 情報誌「ギフトカード使い切って」

インターネット通販に押され、10月15日に破産申請を行った米国の小売り大手シアーズ・ホールディングス。米消費者情報誌コンシューマー・リポートはホームページに消費者への影響を考察した記事を掲載し、「同社が発行したギフトカードは今すぐ使い切ってほしい」と呼びかけた。

シアーズは百貨店「シアーズ」やディスカウントストア「Kマート」を運営する老舗の小売り大手。インターネット通販の台頭に飲み込まれ業績不振に陥り、15日に破産法11条の適用を申請した。11月中に46店舗を、年末までに142店舗を閉鎖して資産売却を進め、再建を目指す。

これを受け、コンシューマー・リポート誌は消費者の取るべき対応をまとめ、同社が発行したギフトカードについては今すぐ使い切るよう呼びかけた。対象店舗が閉鎖された場合、カード代金を回収するには破産裁判所への手続きが必要となり、「取り戻すのに数年かかる」と指摘した。

また、シアーズのプライベートブランド家電「ケンネル」シリーズを巡っては、購入済み製品の保証はシアーズが責任を負うと説明。同社の代理人が「現時点で保証はこれまで通り有効だ」と回答してきたことを紹介した。注文中の製品についても「確実に納品するよう努める」と答えたという。クレジット払いの場合、製品が届かなければカード会社に契約取り消しを申し出るよう呼びかけた。

ケンネルブランドは冷蔵庫、電子レンジ、食洗器、洗濯機、乾燥機などをラインアップした人気シリーズ。コンシューマー・リポートは高品質・高性能だとして20機種を買い推奨に選出していたが、「同ブランドは有力な資産売却対象だ」と指摘している。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 主婦連合会
    公益通報者保護法が2006年4月の施行以降、いまだに法改正が行われていないとして、全国消費者団体連絡...
  2. 森永おっとっと
    森永製菓は12月10日、「おっとっと」や「エンゼルパイ」など13商品の賞味期限を年月日表示から年月表...
  3. 偽造医薬品啓発サイト
    1899年設立の全米消費者連盟(National Consumers League、NCL)は12月...
  4. 多重債務問題懇談会
    2006年12月の改正貸金業法の成立以降、減少してきた多重債務者数の横ばい傾向が鮮明になった。金融庁...
  5. 誇大広告により販売されていたSynovia
    米連邦取引委員会(FTC)は12月5日、健康食品製造販売業者AS Research、LLC(ASR、...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る