掃除中の事故、5年で3772人救急搬送 年末は要注意

掃除中に転んだり、高所から落ちたりする事故が相次いでいるとして、東京消防庁が注意を呼びかけている。大掃除をする12月に多発し、入院が必要なケースも目立った。60歳以上の人が救急搬送されるケースが多く、同庁は「年齢や個々の体力を勘案し、無理な作業は控えてほしい」などとしている。

東京消防庁管内で2017年までの5年間に3772人が救急搬送された。大掃除をすることが多い12月に突出し、ほかの月と比べて救急搬送される人が倍増していた。年代別では60歳代と70歳代だけで全体の4割を占めた。また、全体の4割が入院の必要がある「中等症以上」と診断され、3人が亡くなり、23人が重篤(生命の危険が切迫している状態)となっていた。

掃除中に転んで負傷するケースが39%と最も多く、次いで、転落する事故が26.6%、ぶつかる事故が8.6%、などの順。「自宅でトイレ掃除中に、かがんだ際に前のめりに転倒し頭頂部を受傷した」(80代、中等症)、「自宅居室内でエアコンの掃除をしようと段差にのぼった際にバランスを崩して転落し、右手首と腰部を受傷した」(70代、中等症)などの事例が起きていた。

同庁は事故防止のポイントとして▽安定した足場を選ぶ▽降りる際は足を踏み外さないよう十分注意する▽滑りやすい場所での掃除は転倒に注意する▽機器類の掃除は手袋を着用する――などをあげた。洗剤の混合使用による有毒ガス事故も起きていて、使用前に容器の注意書きを必ず確認するよう呼びかけた。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る