掃除中の事故、5年で3772人救急搬送 年末は要注意

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

掃除中に転んだり、高所から落ちたりする事故が相次いでいるとして、東京消防庁が注意を呼びかけている。大掃除をする12月に多発し、入院が必要なケースも目立った。60歳以上の人が救急搬送されるケースが多く、同庁は「年齢や個々の体力を勘案し、無理な作業は控えてほしい」などとしている。

東京消防庁管内で2017年までの5年間に3772人が救急搬送された。大掃除をすることが多い12月に突出し、ほかの月と比べて救急搬送される人が倍増していた。年代別では60歳代と70歳代だけで全体の4割を占めた。また、全体の4割が入院の必要がある「中等症以上」と診断され、3人が亡くなり、23人が重篤(生命の危険が切迫している状態)となっていた。

掃除中に転んで負傷するケースが39%と最も多く、次いで、転落する事故が26.6%、ぶつかる事故が8.6%、などの順。「自宅でトイレ掃除中に、かがんだ際に前のめりに転倒し頭頂部を受傷した」(80代、中等症)、「自宅居室内でエアコンの掃除をしようと段差にのぼった際にバランスを崩して転落し、右手首と腰部を受傷した」(70代、中等症)などの事例が起きていた。

同庁は事故防止のポイントとして▽安定した足場を選ぶ▽降りる際は足を踏み外さないよう十分注意する▽滑りやすい場所での掃除は転倒に注意する▽機器類の掃除は手袋を着用する――などをあげた。洗剤の混合使用による有毒ガス事故も起きていて、使用前に容器の注意書きを必ず確認するよう呼びかけた。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 国際葬儀連盟
    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)と国際葬儀連盟(FIAT-IFTA)は6月23日、c
  2. アンケート調査
    千葉県建築相談協議会と千葉県弁護士会は共催で6月26日、一般市民向けに欠陥建築トラブル・法律相談を開c
  3. 欧州消費者同盟
    7月1日にスロベニアがEU理事会議長国に就任するのを前に、欧州各国の消費者団体で作るBEUC(欧州消c
  4. 水
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは6月17日、市販のボトルドウォーター(ボトル入り飲料水)かc
  5. ビジョンズへの措置命令を発表する消費者庁
    消費者庁は6月22日、「ついに部分痩せが可能に」「女の格を上げる塗るだけダイエット」などと痩身効果をc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る