ホクネット、「特定適格団体」申請へ 基盤強化へ寄付呼びかけ

適格消費者団体の消費者支援ネット北海道(ホクネット、松久三四彦理事長)は12月17日、特定適格消費者団体認定に向けた臨時の寄付を呼びかけた。認定を受けるための要件を満たすため、財務基盤を強化したい考え。

ホクネットは今年設立10周年を迎え、11月には適格消費者団体として3回目の更新申請を実施。これまでに不当条項の是正申し入れを延べ150件以上、差止請求訴訟を3件行うなど地方において活動実績を積み上げてきた。

現在、被害回復訴訟を担う「特定適格消費者団体」の認定申請に向けた体制準備を進めているが、認定を受けるための要件の一つである基礎財産が目標に届いていないという。認定に必要な額は概ね800万円と想定されているが、同団体が確保できたのは650万円弱。今年度中の認定申請を目指しており、広く寄付を募りたい考えだ。大嶋明子事務局長は「認定に向けての越えなければならないハードルは高いが、地方で特定適格消費者団体が誕生する意義は大きい」とコメントし、協力を呼びかけた。

寄付金は1口千円で何口でも。同団体は認定NPO法人のため、2千円を超える寄付は税額控除または所得控除の対象となる。
振込先は北海道労働金庫札幌北支店、口座番号4599228、口座名義は「特非)消費者支援ネット北海道 理事長 松久 三四彦」。郵便局は口座番号02720-0-45081、口座名義「特定非営利活動法人 消費者支援ネット北海道」。問い合わせはホクネット事務局(011・221・5884、担当・大嶋事務局長)まで。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. お断り
    エアコンに使われているフロンガスを巡り、「2020年から使用できなくなったので交換しなくてはならない...
  2. 欧州消費者同盟
    南アフリカの医薬品メーカー、アスペン(Aspen)が欧州で販売する6種類の抗がん剤価格を平均73%引...
  3. ヱビスビール
    日本ブランドの輸入プレミアムビール人気が高まっているとして、サッポロビールは7月13日、同社主力ブラ...
  4. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県立消費生活総合センターは8月5日~7日にかけて、小学生とその保護者を対象とした消費生活講座「小...
  5. 国民生活センター
    電力は4年、ガスが3年経過した小売り全面自由化。国民生活センターはこのほど、電力・ガスの小売りに関す...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る