線路で立ち往生、電動車いす死亡事故多発 周囲が見守りを🔓

踏切内での電動車いすの事故が相次いでいるとして12月20日、NITE(製品評価技術基盤機構)が注意を呼びかけた。車輪が溝にはまり込んだり、脱輪したりして走行不能に陥り、列車にはねられる事例が多発。直近1年で5人の高齢者が死亡した。NITEは「周囲の人は踏切で電動車いすを見かけたら、渡り切るまで見守ってあげてほしい」としている。

電動車いす事故

レールの溝に前輪がはまり込んだ電動車いす(NITE再現実験より)

2018年11月末までの約10年間に、NITEに報告された踏切での電動車いす事故は16件。11人が死亡、4人が重傷を負い、いずれも65歳以上の高齢者だった。特に今年は5件の事故が相次ぎ、5人が死亡。事故の大半が不注意や誤った使い方によるもので、NITEは「正しく使用することで防げる事故も多い」と指摘した。

香川県で2012年2月、60歳代の男性が列車にはねられて死亡する事故が発生。夜間の暗い踏切を渡ろうとした際、脱輪して身動きが取れない状態に陥ったとみられた。

09年4月、香川県で起きた列車との接触事故では…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

新着記事

  1. 池本誠司消費者委員会委員長代理
    ジャパンライフ事件をはじめ大規模被害が繰り返されてきた預託商法への対策として、消費者委員会の池本誠司...
  2. 消費者庁
    消費者庁は5月20日、地方公共団体の食品ロス削減への取組状況を発表。全ての都道府県や指定都市で取組を...
  3. NACS(公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会)の東日本支部は5月18日...
  4. 「泣き寝入りは超いやや!」が口癖の消費者庁のゆるキャラ「イヤヤン」が5月18日、横浜市や東京都内に出...
  5. コンシューマー
    生活上のトラブルに対して助言をおこなう非営利団体「シチズンズ・アドバイス(Citizens Advi...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る