全国消費者フォーラム、参加者600人超 全国から実践例🔓

国民生活センターは各地から消費者団体を招いて恒例の「全国消費者フォーラム」を2月26日、都内で開催した。今年は、3年後に予定される成年年齢引下げを見据え、若年者を中心にトラブル防止へ向けたどんな力が消費者に必要か、検討しあうもので、地域で取り組む金融教育、消費者契約の実践教育、高齢者・障害者の被害防止への見守り活動、環境保護・エシカル消費などのSDGs(持続可能な開発目標)の推進、食料教育、介護保険、ネットトラブルへの対応など、多岐にわたる調査・活動結果が報告された。

ニッポン消費者新聞2019年3月1日号コンシューマーワイド

ニッポン消費者新聞「コンシューマーワイド」欄。今号は全国消費者フォーラムを詳報した

当日は5つの分科会で合計30項目の取り組みが紹介された。今年も参加人数は600人を超え、活動成果を各地取組に反映させるよう情報交流も推進された。分科会後の「全大会」であいさつした宮腰光寛消費者担当大臣は、「消費者教育の推進・充実は喫緊の最重要課題」「今秋には消費者庁に消費者教育推進課を新設する予定」と述べた。また、全国の協力を得て確実に消費者教育など消費者行政の推進を図っていくとし、47都道府県へのキャラバン活動を展開していることを表明した。

■急がれる「成年年齢引下げ」への対応

「全国消費者フォーラム」は国民生活センターが毎年2月に開催する。今年で24回目だ。毎回各地から消費者団体・グループが参加し、それぞれ調査・研究成果を報告する。消費者団体の間でも調査活動を発表する場として注目されてきた。近年は消費者・市民だけではなく、消費生活センターや事業者からの発表も多い。消費者問題を話し合う機会が少なくなっている中で…(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」3月1日号より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
ジー・サーチ データベースサービス
日経テレコン

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 人や社会、環境に配慮した商品を積極的に購入する「エシカル消費」を学んでもらおうと、静岡県は「めざせ!...
  2. 高カカオチョコレート
    ポリフェノールを多く含むとうたう高カカオチョコレートについて、北海道消費者協会が含有量テストを実施し...
  3. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は8月16日、ボタン電池の事故防止策を検討する「ボタン電...
  4. くらしフェスタ東京
    東京都と消費者団体の協働事業「東京都消費者月間」(愛称・くらしフェスタ東京、主催・東京都消費者月間実...
  5. シナモンロールパンケーキ
    米国の非営利団体「公益科学センター」(CSPI)はこのほど、最も不健康な外食メニューに贈る「エクスト...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る