【米国】CRがデジタルラボ設立 ニューマン氏600万ドル拠出

米消費者情報誌コンシューマー・リポート(CR)は6月6日、新たな研究機関「デジタルラボ」を設立すると発表した。技術開発のスピードに規制が追いつかないデジタル市場において、消費者団体自らが消費者権利の保護・強化の取り組みに乗り出す。研究所では、多くの消費者が懸念するプライバシー保護やセキュリティ問題を集中的に監視するほか、商品テストの対象にIoT製品や通信サービスを加える方針。

デジタルラボの設立費用は、クラシファイドサイト大手「Craigslist」創設者で、消費者運動の支援者でもあるクレイグ・ニューマン氏が自身の慈善団体を通じて拠出した。氏による援助額は600万ドル(約6億5千万円)にのぼり、CRへの寄付としては過去最高額。同氏はラボの運営を支援するCRデジタル諮問委員会の名誉委員長に就く。

CRのマルタ・テラードCEO兼代表は「デジタル巨人企業は消費者の選択・情報・行動に、かつてないほどの影響を与えている。デジタルラボの誕生はデジタル時代における新たな消費者権利の到来を告げるものだ。これまで技術的に解明できなかった部分を明らかにして、消費者のプライバシー保護、安全性、選択の自由を取り戻す」とコメント。今後数カ月の間に、様々な要請と運動を打ち出していくとした。

巨人企業に対抗できる技術や知見を集約し、商品テストの対象をデジタル製品にまで拡大する方針。具体的には家庭用IoT製品やパスワードマネジャー(パスワード管理ソフト)、通信機器、通信サービスなどをあげた。消費者がプライバシー設定を引き上げるためのツールの開発も手掛けるとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. イベント
    国内で「新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA」が導入されるなど、コロナ対策としてIT(情報技術...
  2. ACAP
    公益社団法人ACAP(消費者関連専門家会議、村井正素理事長)は、消費者問題に関する「わたしの提言」の...
  3. 怪しい広告を見抜く目を養ってもらおうと、埼玉県が実施している「大学・高校連携による不当表示広告調査」...
  4. 英国の消費者団体Which?
    米国との自由貿易協定交渉にのぞむ英国で食品安全への懸念が高まっていることを受け、ディスカウントスーパ...
  5. 埼玉消費者被害をなくす会
    経年劣化による火災などを防ぐことを目的とした「長期使用製品安全表示制度」と同「安全表示制度」の認知度...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る