製造元不明なガストーチ流通、都内でガス漏れ火災相次ぐ

メーカー名の記載がない安価なガストーチバーナによる火災が相次いでいるとして、東京消防庁が注意を呼びかけている。調理しようと点火した際、調整つまみやカセットボンベ取り付け部からガスが漏れて引火するといい、昨年から今年にかけて14件の火災が起きていた。同庁は製品に異常がないか十分に注意してほしいとしている。

製造元不明のガストーチバーナ

今年6月、世田谷区内で火災を引き起こしたガストーチバーナ。調整つまみの根元からガスが漏れた(東京消防庁提供)

東京消防庁によると、ガス漏れを起こしたガストーチは、パッケージや本体にメーカー名の記載がなく、製造元が不明な海外製。主にインターネット通販で流通し、国内メーカー品に比べて低価格な上、部品点数が少ないのが特徴。複数の販売業者が独自の商品名で販売していて、連絡がつかない販売業者も多いという。

ガストーチの不具合による火災は昨年9件、今年も8月末現在ですでに5件起きており、負傷する事例も発生。購入してから短期間のうちにガス漏れを起こすケースもみられた。今年7月に世田谷区内で起きた火災では、調理に使用中、調整つまみの根元からガスが漏れて引火したという。

漏れたガスに引火した場合、激しく燃え続けるため、容易に消火することが難しく、シンクの水栓やシャワーをかけたのに消せなかったという事例も多く報告されている。同庁は消火器の使用が有効だとし、消火器がない場合は多量の水を張った容器に水没させることで消火できるとしている。一方で、火を遮ろうと鍋に入れたり、ボウルを覆いかぶせたりするのは危険。火災の熱がボンベに伝わって破裂し、爆発的に燃えるおそれがあるという。

ガストーチを使用する際は水を張ったバケツを用意しておくと効果的だとしている。

東京消防庁の再現映像

東京消防庁が行った再現映像の一場面。漏れたガスに引火し、炎があがった

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 加熱式たばこ警告表示
    JTは12月5日、加熱式たばこ「プルーム」ブランドの16銘柄について、パッケージデザインをリニューア...
  2. 日本消費者連盟
    日本有機農業研究会や日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンなど消費者・農民団体は「...
  3. 成年年齢引下げを考えるIN KYOTO
    京都の大学生が企画運営した公開ラジオ放送のトークイベント「成年年齢引下げを考える in KYOTO~...
  4. 自動車
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は12月3日、タカタ製エアバッグのリコール率が85%に達...
  5. ダイドー紙おむつ自動販売機
    ダイドードリンコや大王製紙など3社はこのほど、茨城県潮来市の道の駅「いたこ」に飲料とコラボしたベビー...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る