製造元不明なガストーチ流通、都内でガス漏れ火災相次ぐ

メーカー名の記載がない安価なガストーチバーナによる火災が相次いでいるとして、東京消防庁が注意を呼びかけている。調理しようと点火した際、調整つまみやカセットボンベ取り付け部からガスが漏れて引火するといい、昨年から今年にかけて14件の火災が起きていた。同庁は製品に異常がないか十分に注意してほしいとしている。

製造元不明のガストーチバーナ

今年6月、世田谷区内で火災を引き起こしたガストーチバーナ。調整つまみの根元からガスが漏れた(東京消防庁提供)

東京消防庁によると、ガス漏れを起こしたガストーチは、パッケージや本体にメーカー名の記載がなく、製造元が不明な海外製。主にインターネット通販で流通し、国内メーカー品に比べて低価格な上、部品点数が少ないのが特徴。複数の販売業者が独自の商品名で販売していて、連絡がつかない販売業者も多いという。

ガストーチの不具合による火災は昨年9件、今年も8月末現在ですでに5件起きており、負傷する事例も発生。購入してから短期間のうちにガス漏れを起こすケースもみられた。今年7月に世田谷区内で起きた火災では、調理に使用中、調整つまみの根元からガスが漏れて引火したという。

漏れたガスに引火した場合、激しく燃え続けるため、容易に消火することが難しく、シンクの水栓やシャワーをかけたのに消せなかったという事例も多く報告されている。同庁は消火器の使用が有効だとし、消火器がない場合は多量の水を張った容器に水没させることで消火できるとしている。一方で、火を遮ろうと鍋に入れたり、ボウルを覆いかぶせたりするのは危険。火災の熱がボンベに伝わって破裂し、爆発的に燃えるおそれがあるという。

ガストーチを使用する際は水を張ったバケツを用意しておくと効果的だとしている。

東京消防庁の再現映像

東京消防庁が行った再現映像の一場面。漏れたガスに引火し、炎があがった

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 香港消費者委員会
    香港消費者委員会が、シンガポール消費者協会(CASE)との間で、越境消費者トラブル紛争解決に関する協...
  2. 健康食品Q&A
    消費者庁が2017年10月に発行した消費者向け冊子「健康食品Q&A」が好評を得ているようだ。...
  3. 記者会見する伊藤明子長官
    厚生労働省がゲノム編集技術応用食品について事業者が自主的に届け出るよう通知したことに際し、消費者庁の...
  4. NACS怪しい勧誘・広告なんでも110番
    公益社団法人日本消費者生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)は、恒例の「なんでも1...
  5. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は9月16日、中国人留学生を狙った詐欺の被害が深刻化して...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る