【豪州】中国人留学生を狙う詐欺横行 「国外追放」脅し文句に

オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は9月16日、中国人留学生を狙った詐欺の被害が深刻化しているとして、注意を呼びかけた。今年に入って約900件の通報があり、被害額は計150万ドル(1億円強)を超えている。中国当局などになりすまし、「パスポートの偽造が発覚した。中国に身柄を引き渡す」などと電話で脅してくるという。

ACCCによると、昨年の被害額である120万ドルをすでに上回った。最大都市シドニーを擁するニューサウスウェールズ州やビクトリア州、クイーンズランド州、西オーストラリア州で被害が目立つが、全国規模で横行している。

詐欺師から直接、北京語で電話があるほか、緊急と称した音声メッセージを残して連絡させる手口。「パスポートの偽装が発覚し、あなたは深刻な事態に陥っている」と脅した上、無実を証明するには調査が必要で、その費用を送金しないと中国に身柄を移送後、刑事告発すると脅迫する。

海外に住む中国人にとって「中国への身柄引き渡し」という脅し文句は胸に突き刺さるほどの衝撃があるといい、ACCCは「中国人を狙った残酷な手口だ。このような脅しの電話を受けるのは非常に恐怖であるが、これに負けずに電話を切って地元の警察に通報してほしい」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ウォルマート+
    スーパー世界最大手のウォルマートが今月末にも年会費制サービス「ウォルマート+(プラス)」を開始すると...
  2. お断り
    エアコンに使われているフロンガスを巡り、「2020年から使用できなくなったので交換しなくてはならない...
  3. 欧州消費者同盟
    南アフリカの医薬品メーカー、アスペン(Aspen)が欧州で販売する6種類の抗がん剤価格を平均73%引...
  4. ヱビスビール
    日本ブランドの輸入プレミアムビール人気が高まっているとして、サッポロビールは7月13日、同社主力ブラ...
  5. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県立消費生活総合センターは8月5日~7日にかけて、小学生とその保護者を対象とした消費生活講座「小...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る