【欧州】消費者団体BEUC、報告書の表紙に浮世絵あしらう

欧州32カ国の45団体で作る「欧州消費者同盟」(BEUC)は10月1日、「デジタル時代における消費者利益を保護するための競争政策の役割」と題した報告書をまとめた。その表紙にあしらわれたのは葛飾北斎作・冨嶽三十六景の「神奈川沖浪裏」。文中のイメージ写真としても登場するが、報告書の内容との関連性はなく、編集者の好みが反映されたようだ。

BEUC報告書

表紙にあしらわれた北斎代表作・冨嶽三十六景の「神奈川沖浪裏」(左)。文中にも登場する

報告書は、2日に開催されたイベント「デジタル時代における消費者の自由の保護」に向けて作成された。BEUCは「消費者はデジタル化経済の利益を公平に享受する権利がある」と主張し、ビッグデータ、ビッグアナリティクス、ネットワークエフェクト(効果)など新たな課題に対処するEU競争法のあり方を提案した。

報告書は28ページ建てで、BEUCの法律担当プロジェクトチームによる編集。北斎の浮世絵はアイキャッチ効果を狙ったものとみられるが、ほかに使われているイメージ写真は欧州連合司法裁判所や欧州連合本部などとなっており、浮世絵の採用は編集者の趣向が強く反映された形のようだ。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 豪州消費者団体Choice
    食器洗い機と手洗いとではどちらのほうが水を節約できるか――。豪州の消費者団体CHOICEは2月24日...
  2. 主婦連合会
    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月13日に東京都内で開催が予定されていた「第58回全国消費者大...
  3. 東京都シニア講座籔内祥司さん講演
    スマートフォンの安全な利用方法を学ぶシニア向け消費生活講座が2月20日、東京都消費生活総合センターで...
  4. 米消費者情報誌コンシューマーリポートは2月20日、2020年のベストカーオブザイヤーを発表した。部門...
  5. フランス消費者同盟
    スイスのチケット転売サイト大手「ビアゴーゴー(viagogo)」が攻撃的で誤解を招く手法を駆使して消...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る