美容医療トラブル、男性も 薄毛治療など苦情 国セン改善要望🔓

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

全国で医療脱毛や脂肪吸引、二重まぶた手術など美容医療に関する相談が毎年2000件前後で寄せられている。その2割、約400件が男性からの相談だ。包茎手術、薄毛治療など男性特有の施術苦情で、「無料診断のつもりで行ったら、不安をあおられ、即日施術された」「広告記載の数万円で施術ができると思っていたら次々に追加の施術を勧められ100万円の高額施術代金になった」など、勧誘方法や施術代金に納得いかないという事例が目立つ。

国民生活センター美容医療

美容医療サービスにおける男性トラブルの問題点を報告する国民生活センター(11月21日)

国民生活センターは11月21日、男性の美容医療サービスに関する問題点をまとめ、トラブル防止へ向けて消費者に注意喚起、同時に日本美容医療協会や日本美容外科学会などに改善策を要望した。特定商取引法は一定の美容医療について「特定継続的役務」に指定・規制しているが、深刻被害が発生している包茎、薄毛治療などは規制の対象外。事例には医師法違反・医療法違反、厚労省通知違反など事業者の悪質行為もあり、国民生活センターは今回の調査結果を消費者庁に情報提供した。消費者庁・伊藤明子長官は「被害防止へ全般的に検討していく」としている。

■美容医療、男性の契約金額は100万円以上300万円未満が最多

国民生活センターによると、美容医療サービスに関する今年10月末日までの5年半のパイオネット(PIO―NET)登録件数は約1万1500件。契約当事者では医療脱毛、痩身、豊胸手術などを中心に女性が多い。

男性の相談件数は女性の四分の一。だが、包茎手術や薄毛治療、ひげの医療脱毛を中心に…(以下続く)

(本紙12月1日号「コンシューマーワイド」欄より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
ジー・サーチ データベースサービス
日経テレコン

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 消費者庁
    消費者庁は10月20日、22団体目となる適格消費者団体と、4団体目にあたる特定適格消費者団体を認定しc
  2. 豪州消費者団体Choice
    オーストラリアで植物由来の代替食品が台頭している。代替肉にとどまらず、ラザニア、ヨーグルト、コンデンc
  3. 自動車用タイヤの空気圧を監視する「TPMS」(タイヤ空気圧監視システム)。米国では2009年9月からc
  4. 国民生活センター
    国民生活センターは10月19日、カットパンを食べた1歳未満の乳児が死亡するなどの重大事故が起きたことc
  5. 冷凍食品の日
    日本冷凍食品協会は10月18日、東京都内で「10月18日は『冷凍食品の日』~べんりとおいしいのその先c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る