損保協会、外国人に多い右直事故など啓発 無理な右折は「ノー」 

日本損害保険協会が外国人向け交通事故防止啓発ツールを作成した。チラシや冊子を通じて、外国人に多い出会いがしらの事故や右直事故などに注意を呼びかける。

在留外国人用啓発ツールとして「交通事故防止啓発チラシ」を英語・中国語(簡体字と繁体字)・ポルトガル語の4カ国語で作成。昨年12月から厳罰化された運転中の「ながらスマホ」の禁止を呼びかけるとともに、外国人に多い出会いがしらと右直事故について、無理な右折や通過はやめるよう注意喚起した。また、高齢歩行者を夕暮れ・夜間の交通事故から守る「ピカチュウ反射リストバンド」の英語版も新たに作成した。

交通事故防止啓発チラシ

4カ国語で事故防止を呼びかける啓発チラシ。無理な右折や通過は「NO!」

訪日外国人向けには「自転車マナー啓発リーフレット」を作った。表面には一時停止標識での左右の安全確認や自転車の左側通行などの交通ルール、ヘルメット着用必須、飲酒運転禁止などを記載。裏面には東京都内のサイクリングスポットを掲載した。自治体や観光関連団体を通じて配布し、安全運転を呼びかける。

交通事故総合分析センターが訪日外国人によるレンタカー事故を調べたところ、「出会いがしら」が全体の25%、「右直事故」が22%を占め、日本人の割合に比べて高くなっていた。海外諸国の多くが右側通行を採用しているため、日本での運転では右折時の対向直進車に対する安全確認が重要だという。

(本紙「ニッポン消費者新聞」1月1日新年特集号より加筆の上、転載)

関連記事

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. 日本弁護士連合会
    給与ファクタリングと称するヤミ金融業者が横行している問題で、日本弁護士連合会の荒中(あらただし)会長...
  2. 自動車
    米消費者情報誌コンシューマーリポートは5月21日、自動車メーカーが歩行者検知安全システムの搭載を積極...
  3. 静岡県中部県民センターに寄せられた2019年度消費生活相談は1893件で、前年度の2145件に比べて...
  4. 欧州消費者同盟
    事件発覚から約5年――。ドイツ最高裁は5月25日、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)に対し、...
  5. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は5月15日、ヨーグルト製品にゼラチン成分を使用しながら...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る