【香港】医療分野の苦情急増 HPVワクチン求め本土から殺到

消費者団体の香港消費者委員会は1月23日、昨年の相談概況を分析した結果、医療サービス分野のトラブルが急増したと発表した。中国本土からHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンの接種を求める人が大挙して押し寄せたことが要因。

同委員会によると、全体の相談件数が減少する中、医療サービスの2019年苦情件数は前年比26%増の3104件となった。近年、HPVワクチンを求める中国本土の人が殺到しており、17年以降、香港で品薄状態となっていた。

ワクチンは数カ月の間隔を置きながら3回接種する必要があるが、「スケジュール通りの接種を受けることができなかった」などの苦情が多発。さらに昨年は品不足が深刻化し、偽造品が出回るなどしたという。委員会は「こうした状況は医療分野だけでなく、香港のサービス業や観光業全体に悪影響を及ぼす問題であり、解決に向けて真剣に取り組む必要がある」と指摘した。

一方、香港の大規模デモについては「消費者苦情への影響はわずかだったが、鉄道の運休や商業施設の破壊に絡んだ苦情があった。ホテルでは予約のキャンセルが相次ぎ、この分野の苦情が28%増えた」と報告した。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 薬害オンブズパースン会議
    薬害の根絶をめざすNGO「薬害オンブズパースン会議」(代表・鈴木利廣弁護士) は7月2日、厚生労働大...
  2. 消費者庁
    消費者政策会議は、内閣総理大臣を会長に、関係閣僚を委員として消費者基本計画を定める。同会議は7月7日...
  3. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は7月1日、新型コロナウイルス感染拡大に伴うオンラインショッピング苦情件数...
  4. 厚生労働省
    2019年に国内で発生した食中毒事件数は1061件で、前年と比べて269件減少した。患者数は4264...
  5. 豪州消費者団体Choice
    豪州の消費者団体CHOICEの最新調査によると、回答者の76%が家具を壁に固定することが最善の転倒防...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る