米ペプシコが宅配サービス開始 コロナ禍のネット通販需要に対応


新型コロナウイルス流行の影響によりオンライン通販の利用が伸びる中、米ペプシコは2つのポータルサイトを立ち上げて、消費者に商品を直接届ける宅配サービスに乗り出した。同社幹部はパンデミックをきっかけとした宅配へのニーズは一過性に終わらず、今後も続く可能性があるとコメントしている。

消費者情報を発信するConsumerAffairsや報道などによると、同社は12日までに、詰め合わせ商品を販売する「PantryShop.com」とフレトリーブランドのスナック菓子を組み合わせて注文する「Snacks.com」を立ち上げた。

PantryShop.comは、シリアルなどを詰め込んだ「朝食セット」、ミネラルウォーターを詰めた「水セット」、プロテイン食品を詰めた「たんぱく質セット」などを販売。それぞれ標準サイズ(29.95ドル)とファミリーサイズ(49.95ドル)の2種類を用意し、送料は無料。

Snacks.comはフレトリーのスナックやナッツなど100種類以上を好みに応じて注文でき、15ドル以上の購入で送料無料となる。

ペプシコのeコマース担当幹部は「消費者ニーズに応え、市場で勝ち残るためにeコマース、デジタル技術、人材への投資をこの数年間続けてきた。不確実な時代において、ますます多くの消費者が食品と飲料を購入するためにeコマースチャンネルを選択するだろう」と発言。コロナ禍で「スナック菓子への信じられないほどの強い需要があった」としている。

ConsumerAffairsは「食品と飲料の巨人が新しい常識に順応している」と分析、複数のメディアは「新型コロナ発生により買い物習慣が変化し、企業は迅速に対応している」などと報じている。ペプシコは今後、通販サイトでの取り扱い点数を拡大させる方針だという。

ペプシコのPantryShop.com

ペプシコが立ち上げた「PantryShop.com」。手続きをできるだけ簡便化し、数段階で注文が完了する仕組みを導入したという

関連記事

消費者運動年鑑2020

新着記事

  1. sns
    1月25日、消費者庁の「デジタル・プラットフォーム企業介在取引検討会」が開かれ、消費者被害防止などのc
  2. 消費者庁
    立憲民主党と社民党の消費者問題特別委員会に所属する野党国会議員5人が 1月22日、井上信治消費者担当c
  3. エアーベッドからの転落
    電動ポンプを内蔵した「エアーベッド」の空気漏れに関する相談が近年急増し、転落してけがを負う事故も起きc
  4. 電話相談
    愛知、岐阜、三重と名古屋の4県市は1月22日、ガス検針票による消費者ホットライン「188(いやや)」c
  5. 防水スプレー
    靴や傘などに使う防水スプレーの吸入事故が増加している問題で、使用者の約13%が危害やヒヤリハットを経c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る