柔軟剤、TVOC「顕著に増加」 香料成分の表示検討を要望🔓

「香害」への防止対策が重大課題に上っていることが国民生活センターの調査結果で示された。

“原因製品”の一つ、「柔軟仕上げ剤」への苦情相談がこの5年間で900件を突破、年間200件前後で寄せられていることがわかった。呼吸が苦しい、咳が出るなどの呼吸器障害をはじめ、頭痛、吐き気、めまいなどの諸症状を呈する「危害」の申し出件数は関連相談の6割にも達し、1カ月以上の治療を必要とした重大事例も1割。同センターのテストでは柔軟仕上げ剤を表示通りに使用した場合と、その2倍量を使用した場合では室内の総揮発有機化合物(TVOC)が顕著に増加することがわかり、同センターは消費者に表示に沿った使用法をアドバイス。業界には「0.01%以上配合する香料成分の表示検討」などを求めた。

消費者庁は「相談状況を注視し関係省庁と連携対応していく」とするが、香害防止を呼びかける消費者団体は「もはや消費者が注意するだけでは解決できない構造的被害」「微量でも健康被害が起きている。売らない、買わない、造らないという対策こそ必要」と緊急規制を訴えている。

4月9日に発表された国民生活センターの調査は、大きくは、柔軟仕上げ剤の表示実態調査結果と、使用量の違いで室内TVOC(総揮発有機化合物)がどう変わるか、その測定テスト結果の2種類。国家資格である「臭気判定士」の協力も得て、柔軟仕上げ剤によるにおいの強さ(臭気強度)も評価した。

同センターでは2013年にも市販品をテスト。柔軟剤を使用した洗濯物を室内に干した場合…(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」消費者月間特集号より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 欧州委員会が中国製の電気自動車(EV)に最大38.1%の追加関税を課す方針を示したことについて、欧州c
  2. sns
    静岡県内の相談窓口に寄せられた2023年度の消費生活相談件数は前年度比1.5%減の2万5719件となc
  3. 全国消団連学習会
    ◎データ利活用見すえ信頼醸成 インターネットにつながったIoT家電や住宅設備機器が普及する中、全国c
  4. 水
    全国清涼飲料連合会(全清飲)が毎年公表している「清涼飲料水統計」によると、2023年の清涼飲料水生産c
  5. PL研究学会
    日常生活の安全・安心の確立をめざすPL研究学会(大羽宏一会長)の製品リコール研究部会(渡辺吉明部会長c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る