安全な次亜塩素酸水の普及へ団体設立 認証マーク導入目指す🔓

感染症対策として空間噴霧による次亜塩素酸水の活用を目指し、消毒薬剤メーカーなど12社が一般社団法人次亜塩素酸化学工業会(東京都豊島区)を立ち上げた。8月4日のオンライン会見で、石田智洋理事は「不正確な情報が氾濫し、粗悪品が流通するなど消費者が安心して購入・使用できない状況になっている」と指摘。規格基準の策定や認証マーク制度の導入など普及に向けた環境作りに取り組む方針を示した。

次亜塩素酸化学工業会

設立記者会見を開いた次亜塩素酸化学工業会。認証マークも公表した(中央が石田智洋理事、8月4日)

工業会によると、次亜塩素酸水は空間噴霧に対応できる唯一の薬剤で、ウイルスや細菌、カビなど幅広い微生物に強い殺菌力を示すのが特長。微生物に触れると瞬時に不活化し、反応後すぐに塩と酸素と水に分解するため安全だとする。引火せず、低コストであることも利点で、一部の高齢者施設や病院などで導入実績もある。空間噴霧については、pH4.0~7.5で、有効濃度50ppm以下の次亜塩素酸水を用い、継続的に噴霧を続け、微生物をゆっくりと不活化させる仕組みだという。

しかし、次亜塩素酸水の空間噴霧の是非については、様々な意見が飛び交っているのが現状。石田理事は「厚生労働省が判断を示しておらず、世界的にも従来の消毒剤を空間噴霧することは望ましくないという…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動車の安全評価試験を実施するユーロNCAPが2022年ベスト・イン・クラス(クラス最高車)を発表しc
  2. ACAPわたしの提言表彰
    公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)は1月19日、「2023年新春講演会」を都内で開き、「Ac
  3. NCL
    米国最古参の消費者団体、ナショナル・コンシューマー・リーグ(NCL)は2月6日、2022年版トップテc
  4. アンケート調査
    日本産業協会(矢島良司会長)は2月1日、2022年度消費生活アドバイザー資格試験に478人が合格したc
  5. エシカル甲子園
    徳島県が主催し、消費者庁が後援する「エシカル甲子園」。その今年度優勝校と特別賞受賞校の2校が1月24c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る