【英国】想像以上に汚れる室内空気 窓開けが最も簡単で有効

新型コロナウイルス感染拡大により在宅時間が増える中、英国の消費者団体which?は8月7日、「消費者が想像する以上に室内空気は汚れているかもしれない」として、実用的な改善方法を紹介した。最善策は窓を開けることで、専門家も「無料で最も簡単な方法だ」と推奨している。

空気汚染といえば屋外の自動車排ガスを思い浮かべる人が多いが、非営利団体グローバルアクションプランが昨年実施した調査では、室内空気の汚染度は屋外大気の3倍以上高くなる可能性があることがわかった。屋外の大気汚染が室内に入り込むとともに、日常生活による汚染が蓄積しやすいことが要因だと指摘する。

室内汚染を研究するヨーク大学のニコラ・カースロー教授は、道路に面した住居では、ラッシュアワー時に窓を開けないことが重要だとする。

一方で、室内での対策も重要だとし、掃除機をかけたり拭き掃除をしたりする時は窓を開け、電気製品や洗剤から放出される化学物質を排出する必要があると強調した。料理やシャワーの時も換気をして、カビ、ダニ、湿気、アレルゲンを外に出すよう呼びかけた。

洗剤は安全かつ適量を使用することがポイント。一部の製品には揮発性有機化合物(VOC)や漂白剤、アンモニアが含まれる可能性がある。敏感な人はスプレー製品はなるべく避け、無香料やアレルギー対応製品を使うこと。同じ個所に複数の洗剤を用いることも「あまりよくない考えだ」(カースロー教授)という。洗剤の代わりにレモンや重曹、酢などの使用もおすすめだが、微生物やウイルスの除去については期待できない可能性があるという。

また、英国人が愛するガーデニングを模して、部屋に観葉植物を並べることが大流行しているが、「室内空気を改善するには膨大な数と様々な種類の植物が必要で、力不足の感は否めない」と指摘。汚染除去よりも癒しと気分転換、ストレス解消に役立ててほしいとした。同様に空気清浄機のHEPAフィルターについても「確かに役立つが、空気清浄機だけに頼るのは禁物。同時に複数の手段を採用する必要がある」と強調した。

最もおすすめの方法は小まめな窓開け。カースロー教授は「戦略的に窓を開けることは、室内空気を改善する最も簡単な方法であり、しかも無料だ」と推奨している。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. アルミ缶リサイクル協会50周年
    来年2月7日に創立50周年を迎えるアルミ缶リサイクル協会は12月2日、都内で記念式典を開いた。経済産c
  2. JARO山本一広さん
    日本広告審査機構(JARO)専務理事・山本一広さんインタビュー ◎消費者意見踏まえ悪質広告・表示排c
  3. 国民生活センター
    ◎ADR機能も強化 適格消費者団体にもADR情報提供へ 信者に過大な寄付・献金を強要し、その子どもc
  4. 自動授乳枕
    枕に哺乳瓶を固定して、赤ちゃんが自分でミルクを飲めるようにした「自動授乳枕」について、英製品安全基準c
  5. 水
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは11月30日、シャワーは短時間で済ますほうが肌にも環境にもc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る