【豪州】銀行の過剰貸付規制法の緩和を検討 消費者団体が懸念

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

オーストラリアのモリソン政権が銀行の過剰な貸付を規制する法律「責任ある貸付法(responsible lending laws)」の緩和を打ち出した問題で、消費者団体CHOICEはこれに反対する署名活動を開始した。新型コロナ禍で経済が混乱を極める中、景気回復の起爆剤としたい政府と消費者保護の重要性を訴える消費者団体との間で意見がぶつかった形だ。

現在、豪州は歴史的な不況の真っただ中にある。モリソン政権は「銀行が不良債権リスクを回避するため、過度に貸付を渋っている」と指摘。財政状況に問題のない人までもが融資を受けにくい状況になっていると主張した。

一方、CHOICEは「コロナ禍で消費者の収入は落ち込んでいる。こうした状況下で過剰な借金を負わせることは、結局は家計と国内経済を悪化させる」と主張。現在は消費者保護を重視する政策をとるべきだと訴えた。

同法が緩和されれば、住宅ローンなどが借りやすくなり、不動産市況の活性化をてこに経済回復が図れるとの見通し。ただ、豪州ではすでに65万人が既存のローン返済に行き詰っており、10%に達する失業率が追い打ちをかける状況。専門家からも家計にこれ以上の債務を負わすべきでないとの意見が出ており、この政策が実行されるか、実行されても有効に機能するのかは未知数のようだ。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 身のまわりにある危険講演会
    大阪府と大阪市は5月13日から、消費者月間講演会「身のまわりにある危険~知って守りましょう、安全なくc
  2. sns
    県中心地域を担当する静岡県中部県民生活センターは5月10日、2020年度消費生活相談概要を取りまとめc
  3. ゴマ
    米国で、ゴマをアレルギー表示義務の対象とする法的手続きが進んでいる。 米下院は4月14日、ゴマc
  4. 東京地方裁判所
    機能性表示食品の情報公開請求訴訟の第11回口頭弁論が4月27日、東京地裁で開かれた。 前回は原c
  5. PL対策推進協議会第二回大会
    PL研究学会(大羽宏一会長)の協賛団体でリコール体制の整備や製品事故の未然防止活動に取り組むPL対策c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る