余った食材、写真送るとレシピ提案 クローガーがAIツール開発

米食品スーパー最大手クローガー(Kroger)は10月12日、冷蔵庫に眠る食材を3点選んで写真に撮り、ツイッターで送信すると、わずか数秒で最適なレシピを提案するAIツールを開発したと発表した。家庭での食品ロス削減を促すとともに、新型コロナ禍の献立作りを支援する狙い。同社は「革新的な技術がおうちでの新鮮で美味しい食事に貢献することを楽しみにしている」とコメントした。

同社初となるツイッターAIレシピツールの名称は「シェフボット(Chefbot)」。最新の人工知能技術を駆使し、冷蔵庫の食材を最大限活用するようプログラムされている。2000近くの食材を判別し、2万件のレシピの中から最適なものを提案する。使い方もシンプルで、食材を3点選んで写真を撮り、@KrogerChefbotにツイートすると、数秒後にはおすすめレシピをリスト化して教えてくれる。

クローガーは昨年11月に企業ロゴとブランド戦略を一新。「FRESH FOR EVERYONE」をテーマに掲げ、「誰もが新鮮で、手頃な価格で、美味しい料理にアクセスできるようにする」という理念のもと取り組みを進めてきた。今回のAIツールの開発もその一環。

同社は「新型コロナ禍で多くの買い物客は1日に何度も自宅で食事を作っている。シェフボットはこうした人たちに食材の管理と献立作りの簡便化と食品ロス削減を提供し、ブランド戦略を実現させる手段の一つだ」とコメントした。同ツールは利用のたびに学習し、検索技術が向上していくという。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動授乳枕
    枕に哺乳瓶を固定して、赤ちゃんが自分でミルクを飲めるようにした「自動授乳枕」について、英製品安全基準c
  2. 水
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは11月30日、シャワーは短時間で済ますほうが肌にも環境にもc
  3. 全相協公開シンポ
    ◎法規制求める意見 公的機関と民間との連携も提案 デジタル化に伴う消費者トラブル急増を背景に11月c
  4. 2022年1月1日号
    特集 全相協が公開シンポ開催 「暮らしの変化と広告表示」テーマに議論 法規制求める意見 c
  5. 多摩消費生活センター
    東京都が運営する2カ所の消費生活センターのうち、多摩地域の拠点となる「多摩消費生活センター」が202c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る