食べられる「もぐカップ」オンラインで販売へ アサヒビール

アサヒビールは3月10日から、食べられるコップ「もぐカップ」をオンラインショップで販売開始した。使い捨てプラスチック問題への関心が高まる中、“使い食べ容器”という新しい食のライフスタイルを提案していく。

昨年11月に都内の飲食店と会員型コワーキングスペースでテスト展開を行った際、利用者から「家でも使ってみたい」「アウトドアでのごみ削減に活用したい」「ギフト向けに購入したい」などの声が寄せられていた。

フレーバーはテスト展開時の「プレーン」「えびせん」「チョコ」に加え、新たに「ナッツ」を加え4種類に拡充。1箱10個入でサイズはS(1150円)、M(1200円)、L(1400円)を用意した。主原料はじゃがいもでんぷんで、冷たい飲み物であれば1時間程度耐水性を保持する(熱い飲み物は不可)。オンラインショップ「もぐカップショップ」から購入できる。

アサヒビールもぐカップ

もぐカップの使用イメージ(プレスリリースより)

もぐカップは食べられる器「イートレイ」を展開する丸繁製菓と共同で開発した。テスト展開では「思ったよりがっしりとした作りで安心して使えた。食べるとサクサクで甘すぎず美味しかった」「カフェで、このようなカップでの提供があると紙ストローより積極的な環境配慮を感じる」などの意見が寄せられた。アサヒビールはホームパーティやアウトドア、BBQなどでの利用を見込むほか、ドリンクだけでなくスイーツ、冷製スープなどの容器としての活用も提案した。洗う手間が省けるため、水の使用量削減にもつながるという。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 多摩消費生活センター
    東京都が運営する2カ所の消費生活センターのうち、多摩地域の拠点となる「多摩消費生活センター」が202c
  2. ビール
    米国の消費者3団体は11月21日、財務省アルコール・タバコ税貿易管理局(TTB)がアルコール含有量表c
  3. PETボトルリサイクル推進協議会
    PETボトルリサイクル推進協議会がまとめた2021年度ペットボトルリサイクル率は86.0%で、目標とc
  4. 電話相談
    適格消費者団体の消費者市民サポートちば(千葉市)は千葉県弁護士会と共催で、無料の電話相談「消費者なんc
  5. こたつの発火事故
    火を使わないため一見安全そうに見える電気暖房器具だが、発火事故が増加傾向にあり、死亡事故も毎年のようc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る