「現在摂取している」、トクホ・機能性表示食品とも過去最高🔓

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

消費者庁が2016年度から毎年実施している「食品表示に関する消費者意向調査」の2020年度報告書が7月8日に公表され、保健機能食品の利用状況について、特定保健用食品(トクホ)、機能性表示食品ともに「現在摂取している」との回答割合が調査開始以来、最高となった。

新型コロナ感染拡大の影響で消費者の健康意識が高まり、食品メーカーの発表などによると、健康に配慮した食品が好調。今年3月に行われた今回の調査でも、こうした要因が反映された可能性がある。特にトクホは制度創設から30年が経過し市場が成熟化していたが、消費者庁の20年度調査では前年度比1.8ポイント増の19.4%と利用割合が増加し、市場拡大が続く機能性表示食品の逆転を許さなかった。

これまでの調査報告書をもとに、本紙がトクホと機能性表示食品について「現在摂取している」との回答割合を抽出したところ、以下のような推移となった。

  • 2020年度調査 トクホ19.4% 機能性表示食品16.6%
  • 2019年度調査 トクホ17.6% 機能性表示食品14.8%
  • 2018年度調査 トクホ18.4% 機能性表示食品14.2%
  • 2017年度調査 トクホ15.2% 機能性表示食品 9.9%
  • 2016年度調査 トクホ18.0% 機能性表示食品 9.9%

調査対象者数や男女比、年代構成などが各調査で異なるため単純比較できないが、2015年4月に制度が始まり、市場拡大が続く機能性表示食品の利用割合は、今回の調査でも増加傾向が示され、20年度も過去最高を記録。一方、1991年に制度が創設され、成熟市場となったトクホは…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. vzbv
    ドイツの消費者団体vzbvは7月29日、竹繊維を混ぜたプラスチック製食器が依然としてオンライン上で販c
  2. 鉛含有ペニソール
    シンガポールから個人輸入したカプセルタイプの「Penisole」(ペニソール)という製品を服用した人c
  3. 子どものやけど事故注意
    新型コロナ感染防止対策や夏休み期間中で子どもの在宅時間が長くなる中、NITE(製品評価技術基盤機構)c
  4. Samsung WA13M8700GV
    豪州の消費者団体CHOICEは7月23日、通常の使用方法だと水を大量に浪費するとして、サムスン製のタc
  5. 水
    米ニュージャージー州のフィル・マーフィー知事が今後10年以内に州内の鉛製水道管を全廃する法案に署名しc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る