【欧州】ネット通販の観賞用植物、毒性リスクの表示義務化

観賞用の植物の中に皮膚障害などの有害性を持つものがあるとして、フランス保健省は7月1日から、オンラインストアや園芸、造園などすべての販売事業者に対し、毒性リスクに関する情報提供を義務付けた。同省は「植物中毒を防ぐために必要な措置だ。中毒事例は毎年報告されており、幼児にとって深刻な症状になることがある」と説明した。

同省は毒性のある身近な植物をリスト化し、暴露経路ごとに4つのカテゴリーに分類した。事業者はこのリストをもとに消費者に情報提供していく。4つのカテゴリーは▽誤食すると有害な植物▽呼吸器アレルギーを引き起こすおそれのある植物▽皮膚反応を引き起こす可能性のある植物▽光アレルギー性接触皮膚炎を引き起こすおそれのある植物――で、チョウセンアサガオ、ポトス、ベラドンナなどの植物もあげられている。

フランス保健省の新たな規則について、仏消費者団体UFCは「観賞用として販売されている身近な植物にもリスクがあることが知られていない」として、規則の詳細をホームページで紹介し、植物の手入れをする際は手袋と長袖の衣服の着用を呼びかけた。手入れ後の手洗いも推奨した。

保健省によると、ハーブとして人気のあるセリ科の植物アンゼリカは、樹液などにフロクマリンを含み、接触後、太陽の紫外線に反応して痛みやしびれ、水疱などを引き起こすおそれがある。また、室内の観葉植物として人気のディフェンバキアはシュウ酸カルシュウムを含み、子どもやペットが葉を誤食すると口の粘膜に炎症を引き起こすと警告している。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 農林水産省
    農林水産省の農林水産政策研究所は2月27日、2020年の食料品アクセス困難人口が全国で904万人にのc
  2. 国民生活センター小坂潤子さん
    国民生活センター商品テスト部企画管理課・消費生活専門相談員、小坂潤子さん ◎事故情報は社会の共有財c
  3. アメリカ消費者連合
    アメリカ消費者連盟(CFA)の報告によると、住宅用不動産仲介業者(エージェント)の半数近くが年に一戸c
  4. 姫野誠一郎座長
    ◎3月7日までパブコメ、意見提出呼びかけ 現在、パブリックコメント中の「PFAS(有機フッ素化合物c
  5. なら消費者ねっと
    ◎「消費者の期待に応えていく」と表明 全国で26番目の適格消費者団体としてNPO法人なら消費者ねっc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る