地域第一弾、「埼玉県生団連」発足 国民的課題を地域で議論へ

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

500を超す企業、消費者団体、NPO法人などで作る国民生活産業・消費者団体連合会(生団連、小川賢太郎会長)は7月12日、地域生団連の第一弾として「埼玉県生団連」発足会を開催したと発表した。国民的課題をより生活者に近い立場で具体的に議論し、政策提言に結び付けていくとしている。今後、地域生団連の全国展開を目指す考えだ。

生団連の発表によると、8日に発足会を開き、埼玉県生団連会長には埼玉県地域婦人会連合会の柿沼トミ子会長が就任。副会長には、埼玉県を中心に関東エリアでスーパーを展開するヤオコーの川野幸夫代表取締役会長が就いた。発足会には大野元裕・埼玉県知事や永瀬秀樹・埼玉県議会産業労働企業委員長、山口泰明・衆議院議員が駆け付け、祝辞を述べたという。

生団連は2011年に発足した日本初の国民団体。エネルギー・原発問題、食品ロス削減、プラスチック問題を始めとした国民的課題に取り組み、政策提言や国民的議論の喚起に向けた活動を展開している。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 国際消費者機構(CI)
    世界各国の消費者団体が主体となり、各地域で啓発イベントが展開される3月15日「世界消費者権利デー」のc
  2. 消費者庁
    消費者委員会は1月13日、今年最初の本会議を開き、今春施行予定の取引デジタルプラットフォーム消費者利c
  3. コンシューマー
    消費者被害の防止だけではなく、被害にあった消費者の救済へ向けた法制度の整備が必要との意見が高まっていc
  4. 全日本トラック協会(坂本克己会長)は12月23日、「引越事業者優良認定制度」(引越安心マーク)の20c
  5. 公益科学センター
    食品大手が自社商品を有利な場所に陳列するため、スーパーなどの小売業者に多額の金銭を支払う「共同マーケc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る