有機フッ素化合物PFOA、国連が禁止決議 遅れる実態調査🔓

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

国連の残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約締約国会議は5月3日、世界規模の環境・人体汚染物質PFOA(ピーフォア、人工有機フッ素化合物)の製造・使用禁止を決議した。日本でも今後、禁止の動きが加速化する。PFOAは、防汚、はっ水、ツヤだし、紙のコーティング、食品包装など、身近な家庭製品に幅広く大量使用され、河川、湖沼、海を汚染してきた。国連決議によってこのような環境や人体に留まったまま長期間残留する有害化学物質への規制が一歩進む。

PFOA使用禁止決議17分野での目標達成をめざすSDGs(国連の持続可能開発目標)では、PFOA対策は「つくる責任、つかう責任」をはじめ、「安全な水とトイレを世界中に」「海の豊かさを守ろう」「陸の豊かさを守ろう」など、いくつかの分野にまたがっていることを示している。管轄官庁も環境省、厚生労働省、経産省など幅広い。環境省は有機フッ素化合物を10万人の「エコチル調査」の対象に置き、子どもたちの成長・発達への影響を調べていく。禁止措置を講じた国連決議の影響を取材した。

マイクロプラスチックの海洋汚染とともに、世界中の河川、飲料水の汚染が心配される有機フッ素化合物。その一種がPFOA(ピーフォア、パーフルオロオクタン酸)。本来自然界には存在しない物質だ。

20年前から問題化され、米国、日本をはじめ、各国の河川、海洋、土壌、人体から地球的規模で検出されてきた。

ニッポン消費者新聞は2003年、米国の環境保護団体「EWG」(エンバイロメンタル・ワーキング・グループ)の提起を受け、有機フッ素化合物の課題に取り組んだ。テフロン加工のデュポン社製フライパンに使用されていた同種の有機フッ素化合物PFOS(ピーフォス)を取材・報道する過程で…(以下続く)

(本紙6月1日号より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
ジー・サーチ データベースサービス
日経テレコン

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. PL対策推進協議会第二回大会
    PL研究学会(大羽宏一会長)の協賛団体でリコール体制の整備や製品事故の未然防止活動に取り組むPL対策c
  2. 半導体不足により自動車メーカー各社が減産に追い込まれる中、米消費者団体コンシューマー・リポートは「今c
  3. 国民生活センター山田昭典理事長インタビュー
    ■消費者月間特別インタビュー コロナ対策を整備 成年年齢引下げ見据え若年消費者への注意喚起積極化 c
  4. 伊藤明子消費者庁長官インタビュー
    ■消費者月間特別インタビュー 食品ロス削減・エシカル消費・消費者志向経営を推進 長引くコロナ禍の中c
  5. ニッポン消費者新聞2021年1月1日号
    消費者月間特別インタビュー 伊藤明子・消費者庁長官 「消費者被害防止、厳正に対処」 ~悪c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る