【米国】「気候変動」ではなく「気候危機」に メディアに要求

米国の非営利団体パブリック・シチズンはこのほど、大手メディアに対し、「気候変動(climate change)」という用語が現実を表していないとして、「気候の非常事態(climate emergency)」や「気候危機(climate crisis)」もしくは「気候崩壊(climate breakdown)」といった言葉に変更するよう求めた。同団体の調査では、上位50紙のうち、昨年1年間にこれらの言葉を使った新聞社は10%以下だったという。

ロンドンを拠点とした英紙ガーディアンが5月17日、「気候変動という言葉はあまりにも受動的で穏やかに聞こえる」として、気候の非常事態や気候危機といった用語の使用を推奨すると宣言。国連や著名な科学者が「気候危機」という言葉を用いていることなどを理由にあげた。

パブリック・シチズンのデビッド・アーカッシュ氏はガーディアン紙に賛辞を贈るとともに、「米国メディアにも同じことを求める。メディアはかつて、気候変動のことを気候危機と呼んでいた。危機や非常事態の用語は正確・簡潔・有益であり、国民に気候問題の重要性と緊急性を伝えることになる」とコメントした。

ガーディアン紙は「地球温暖化(global warming)」についても、「global heating」に変更することを推奨している。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 消費者庁
    AI(人工知能、Artificial Intelligence)による社会のデジタル化が進行する中、...
  2. コンシューマーリポート
    「99.99%除菌」「細菌やバクテリアを99.99%除去」などとうたって販売されているスチームモップ...
  3. 国民生活センター福原奈央さん
    国民生活センター教育研修部上席調査研究員付主査・福原奈央さん ◎地方消費者行政支援 「見守り活動...
  4. 味の素は7月7日、今年発売50周年を迎える「ほんだし」をリニューアルすると発表した。具だくさんみそ汁...
  5. 今後5年間の消費者政策の重要施策がまとまった。153施策が提示され、それぞれ取組予定と重要業績評価指...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る