葬儀サービス不当表示、課徴金1億円 ユニクエストに納付命令🔓

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

消費者庁は「小さなお葬式」の名称で葬儀サービスを提供している「ユニクエスト」(本社・大阪市)に対し7月2日、景品表示法に基づき約1億円の課徴金納付を命じた。葬儀サービスの表示違反による納付命令は、2019年のイオンライフ(千葉市)、20年のよりそう(東京都品川区)に続いて3件目だが、これまでの2社は100万円台から400万円台の納付命令。課徴金算定は違反表示サービスによる売上額の3%が基準にされていることから、ユニクエストは対象違反表示によって約34億円を売り上げていたことになる。

処分が示した違反実態に消費者団体も注目している。同社はパソコン及びスマホ向け同社ウェブサイトで「追加料金一切不要」などと表示しつつ、実際は追加料金を請求していた。命令を受けたことにユニクエストは、「コンプライアンスをいっそう徹底している」としつつ「消費者庁とは見解の相違があり、今回の命令に対する対応を検討中」とコメントしている。

葬儀サービスをめぐっては社会的要請の高まりとともにインターネットを活用した不当行為が散見しており、葬儀事業者ではないサイト運営事業者による葬儀社紹介サイトでも「おとり広告」が疑われる事案が発生している。その是正活動と業界の健全化に取り組んでいる全日本葬祭業協働組合連合会は「不当表示は消費者に不利益を被らせ、業界の信頼性を地に落とす」「正しい表示の消費者への提供をしっかりと実践していきたい」としている。

■相次ぐ課徴金納付命令

葬儀サービスをめぐっては互助会事業者による「解約手数料問題」に加え、ネット広告による「不当な追加料金」問題が焦点化。「葬祭サービス紹介委託契約」などネット事業者による複雑な契約被害も発生している。

2017年12月、消費者庁はイオングループのイオンライフ(千葉市)に対し…(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」8月1日号より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. PL研究学会製品リコール研究部会
    PL(製造物責任)に関する総合的な研究を進めるPL研究学会(大羽宏一会長)の「製品リコール研究部会」c
  2. 消費者ネットワークかごしま
    ◎九州ブロックでは5団体目 6月15日、新たに適格消費者団体が認定された。NPO法人消費者ネットワc
  3. ノリ弁情報
    ◎「不開示理由」焦点に 「消費者の権利訴訟」と位置づけ 機能性表示食品の検証データ公開を求めて東京c
  4. 消費者庁
    ◎SNS関連のトラブル急増 センターへの相談率8%台 消費者庁は6月7日、閣議決定された「令和4年c
  5. 2022年1月1日号
    特集 令和4年版消費者白書 相談件数85万件、依然高水準 ~被害推計額は5.9兆円 Sc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る