地方初 ホクネット、特定適格消費者団体への認定を申請

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

適格消費者団体の消費者支援ネット北海道(札幌市、ホクネット)が7月15日、内閣総理大臣に特定適格消費者団体への認定を申請した。現在、国が審査をしており、10月15日までに認定の可否が決定する見通し。認定されれば全国で4番目、地方では初の特定適格消費者団体の誕生となる。

ホクネットによると、審査手続きが最終段階に入っている。8月20日に消費者庁で申請書類の公告・縦覧が始まり、2週間後の9月3日に縦覧が終了。申請から認定までの標準処理期間はおおよそ60日~90日とされており、10月15日までに認定の可否が決定する見通しだという。

ホクネットは、5年前から認定に向けた準備を開始。しかし、財政基盤の強化がネックとなっていた。特定適格消費者団体に必要な基礎財産は1千万円以上と言われているが、ホクネットの18年度財産は750万円。前事務局長の大嶋明子理事によると、特別寄付金を2年続けて呼びかけるなどして財務基盤の強化に注力してきた。大口の寄付もあり、2020年度に1300万円に到達、現在は1700万円にまで強化できたという。

地方に特定適格消費者団体が誕生する意義について、ホクネット事務局長の原琢磨弁護士は本紙の取材に対し「北海道の被害者が東京(消費者機構日本)、大阪(消費者支援機構関西)、埼玉(埼玉消費者被害をなくす会)の特定適格消費者団体に相談するには地理的にもハードルが高い。日本最北の北海道でも消費者に寄り添った対応ができればと名乗りを上げた。大都市圏の3団体と比べて財政基盤も大きくないが、集団的な消費者被害回復を担う地方なりのモデルを提示していきたい」と語った。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    衣服の分野にも持続可能な生産・消費やリサイクルが浸透し始める中、やや取り残されている感があるのが下着c
  2. 電話相談
    公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)は、10月中の土日、東京c
  3. 踏切内での電動車いす事故
    電動車いすが踏切で立ち往生し、列車と接触して高齢者が死亡する事故が、2020年までの5年間に5件発生c
  4. テレビ
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは9月21日、薄型テレビの掃除の仕方を紹介した。デリケートなc
  5. U.S. PIRG
    環境保護や公衆衛生に取り組む非営利団体のみで設立した米国で唯一の投資信託会社グリーンセンチュリー・キc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る