【米国】なりすまし詐欺、アマゾン装う手口突出 3件に1件

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

メールや電話で大手企業を名乗る「なりすまし詐欺」の3件に1件がアマゾンを装う手口だったことが、米連邦取引委員会(FTC)の最新調査でわかった。偽アマゾンの報告件数は5倍以上に急増し、およそ6千人が金銭をだまし取られていた。若者よりも高齢者の被害が目立ち、FTCは大手企業を装うメールや電話に注意を呼びかけている。

FTCによると、昨年7月~今年6月までの1年間になりすまし詐欺に関する通報が27万3千件あり、そのうちアマゾンに関するものが約9万6千件と全体の35%を占めた。次いでアップルが約1万6千件と続いたが、全体の6%にとどまり、アマゾンの突出ぶりが目立った。アマゾンの報告件数は5倍以上に急増しており、FTCは「詐欺師はアマゾンがお気に入りのようだ」と分析している。

アマゾン担当者になりすまして「あなたのアカウントや取引に不審な点がある」などと電話をかけ、パソコンをリモート操作するなどしてインターネット銀行口座から預金を引き出したり、「抽選に当選したので無料で賞品を発送するが、送料は支払ってほしい」などと詐欺メールを送り付け、クレジットカード番号を盗み取ったりする手口が横行している。アマゾンのなりすまし詐欺を報告した9万6千人のうち約6千人が被害に遭い、総被害額は2700万ドル(約30億円)を超え、被害額の中央値は1千ドル(約11万3千円)だった。

高齢者は若者と比べて4倍位以上も被害に遭いやすく、被害額の中央値は若者の814ドルに対し、1500ドルと高額化していた。金銭をだまし取る手段として、ギフトカードを購入させてコードを知らせるよう指示する手口も目立ち、FTCは詐欺手口のパターンを公開するなどして注意を呼びかけている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. コーヒー
    UCCグループのユーシーシーフードサービスシステムズは7月1日からフードロス削減プロジェクト「フードc
  2. 透明なペットボトル
    米コカ・コーラは8月1日から、炭酸飲料「スプライト」に用いていた緑色のペットボトルを透明のボトルに切c
  3. 東京消防庁と東京ガス連携
    今年に入って住宅火災の死者が急増しているとして、東京消防庁は7月14日、東京ガスと連携し、住宅防火対c
  4. ホワイトハウス
    ボタン電池の安全基準を強化する「リース法」が下院に続き、上院でも可決されたことを受け、アメリカ消費者c
  5. FOOCOM森田満樹代表
    都内18の消費者団体でつくる東京消費者団体連絡センター(中野区)は7月26日、食品添加物をテーマとしc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る