【豪州】政府機関装った? グーグル広告に罰金100万ドル

オーストラリア連邦裁判所は11月29日、雇用関係に関する助言サービス事業者「エンプロイシュア(Employsure)」が出したグーグル広告について、消費者法に違反したとして罰金100万ドルの支払いを命じた。訴訟を起こしたオーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は500万ドルの罰金を求めていたが、同社の「意図的ではない」などとする主張が一部認められ、減額されたという。

ACCCによると、同社は2018年8月までの約2年間、雇用に関する独立監視機関「Fair Work ombudsman」という検索キーワードに連動するグーグル広告を出稿。見出しに「Fair Work Ombudsman Help-Free 24/7EmployerAdvice」などと記載して集客していた。

Employsure社が出していたグーグル広告。政府系の独立機関「Fair Work ombudsman」を検索すると表示されていた(ACCC発表資料より)

ACCCはこうした広告は、政府機関と提携した事業者だと誤解させると指摘。中小企業を含め100件を超える苦情が寄せられたこともあり2018年12月、消費者法違反に当たるとして提訴していた。

しかし、連邦裁判所は昨年10月、誤解を招くものではないと判断し、ACCCの訴えを却下。広告を示す「Ad」が表示されていること、URLには政府機関を示す「.gov」ではなく「.com」が使われていること、「fairwork」という言葉は政府機関だけでなく幅広く使われていることなどの理由を示していた。

ACCCは今年8月、連邦最高裁判所からの支持を受けて控訴し、今回の判決では罰金支払いの判決を勝ち取った。しかし、500万ドルの罰金を求めたのに対し100万ドルと大幅に減額された。意図的ではなかったこと、契約までの過程で消費者が民間サービスだと認識できること、などが主な理由だという。

ACCCのロッド・シムズ委員長は「消費者は政府関連機関もしくは提携サービスだと信じて高額な契約を結んだ可能性があるが、罰金についての我々の主張は受け入れられなかった」とコメント。判決を精査し、今後の対応を慎重に検討するとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. アルミ缶リサイクル協会50周年
    来年2月7日に創立50周年を迎えるアルミ缶リサイクル協会は12月2日、都内で記念式典を開いた。経済産c
  2. JARO山本一広さん
    日本広告審査機構(JARO)専務理事・山本一広さんインタビュー ◎消費者意見踏まえ悪質広告・表示排c
  3. 国民生活センター
    ◎ADR機能も強化 適格消費者団体にもADR情報提供へ 信者に過大な寄付・献金を強要し、その子どもc
  4. 自動授乳枕
    枕に哺乳瓶を固定して、赤ちゃんが自分でミルクを飲めるようにした「自動授乳枕」について、英製品安全基準c
  5. 水
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは11月30日、シャワーは短時間で済ますほうが肌にも環境にもc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る