プラ廃棄物ゼロ化達成へ 袋入り「味の素」「ハイミー」紙包材に

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

味の素は3月中旬から順次、袋入りの「味の素」と「うま味だし・ハイミー」のパッケージをプラスチック包材から紙包材へと変更する。これまでと変わらない使用性を実現しながら年間約12トンのプラスチック廃棄量削減につなげていく(2020年度比)。

袋入り味の素とハイミー

リニューアルパッケージの味の素とハイミー。紙包材化が困難だったが、プラスチック廃棄物ゼロ化達成に向けて課題をクリアした(プレスリリースより)

味の素とハイミーは紙を突き破ってしまうおそれのある粒子であるため、紙包材化には課題が多かったが、約2年間に及ぶ試行錯誤の結果、プラ包材と変わらない強度や保存性を実現した。

今後も「ピュアセレクト マヨネーズ」シリーズ、「パルスイート スリムアップシュガー」について、パッケージの環境対応を図る方針。同社グループが掲げる2030年度プラスチック廃棄物ゼロ化達成に向けて取り組みを進める。

ロングセラー商品の味の素とハイミーは、コロナ禍の内食需要の高まりを受けて市場が拡大中。若者世代をはじめとした新規ユーザーも増えているといい、今回の刷新で更なる価値をアピールしたい考えだ。

(本紙「ニッポン消費者新聞」2月1日号より加筆の上、転載)
  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 米連邦取引委員会
    SNSや動画投稿サイトでキッズインフルエンサーが人気を集める中、米連邦取引委員会(FTC)は10月にc
  2. 塩
    千葉市は昨年度に始めた食品各社との減塩に関する普及啓発事業について、今年度も締結先を拡大して継続実施c
  3. 炭酸飲料
    英政府は5月14日、肥満対策として打ち出した「不健康な食品の取引・広告に関する規制」について、一部延c
  4. イベント
    日本ヒーブ協議会は4月15日、今年度定時総会と記念講演会を開催、今後の活動方針を決めた。総会では代表c
  5. U.S. PIRG
    ◎GAPやPVHが段階的廃止を表明 環境中で分解されにくいことから「永遠の化学物質」と呼ばれるPFc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る