夏は注意、ペットボトル飲料の飲み残し 微生物増殖し破裂🔓

夏に飲料用ペットボトルの破裂事故が発生しているとして、東京都が注意を呼びかけている。夏の屋内環境で飲み残した場合、細菌などの微生物が増殖し、ペットボトルの内圧が上昇して容器が破裂したり、開栓時にキャプが飛んだりする危険性があった。

また、高温になる自動車内では、未開栓でも炭酸系飲料の場合は破裂のおそれがあり、都は「早めに飲み切り、飲み残したときは冷蔵庫に保管を。夏の車内には放置しないでほしい」とアドバイスしている。

飲み残し後の放置によるペットボトルの事故が継続的に寄せられていることから、都は実態調査を実施。昨年12月、都内在住の20歳以上の男女1000人を対象にアンケート調査を行った。

その結果、容器が膨らんで破裂したり、破裂までには至らなかったが膨らんだりした「危害・危険」の経験を持つ人が127人(12.7%)いる…(以下続く)

(本紙6月1日号「警鐘―安全と危険の狭間で」より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 秦好子さん
    エコ・防災コンサルタント、主婦連合会常任幹事 秦好子さんインタビュー ◎横浜市初の女性消防職員 平c
  2. sns
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は1月27日、ソーシャルメディアのインフルエンサーによるc
  3. ウスターソース類テスト
    ◎北海道立消費生活センターが20銘柄テスト 健康志向の高まりを背景に、中濃ソースやとんかつソースなc
  4. 国民生活センター
    ◎国民生活センターがチェックポイント提示 被害に遭ったら迅速対応必要 デジタル社会の影の象徴か、偽c
  5. コンシューマーリポート
    1日に2回は口の中に入れる歯ブラシ――。米国の消費者団体コンシューマー・リポートは歯ブラシを清潔に保c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る