続くHIFU事故 消費者事故調が経過報告 納入ルートも不透明🔒

消費者安全調査委員会(消費者事故調、中川丈久委員長)は7月26日、小顔、痩身などの効果が期待されるとしてエステティックサロンなどで使用される「HIFU」(ハイフ)による身体事故に関する原因調査について、調査開始から1年を経過することから、これまでの調査経過を明らかにし、今年度中までの報告書作成をめざすと発表した。

消費者安全法では、調査開始から1年以内に調査を完了できない場合、消費者事故調にそれまでの経過の公表を義務付けている。発表された経過報告によると、調査に着手して以降もHIFUの事故は続発、2015年から今年5月までに110件寄せられていることがわかった。

エステサロンでの発生が76件、美容クリニックでは26件。消費者事故調は1年以内に完了できなかった理由としてハイフの物流や事故の発生している業界の実態などが明確ではなく、管轄法令の規制のあり方もはっきりしないことをあげ、それらの点も含めて調査を継続することが必要と説明している。被害が続発する中での原因調査と再発防止策提示の遅れに事故被害者は落胆している。

消費者安全調査委員会(委員長・中川丈久神戸大学大学院教授を含む7人で構成)によると、HIFUは「高密度焦点式超音波機器」の略称。超音波を発生させる機器で、狙った部分にピンポイントで密度の高い超音波の熱エネルギーを照射する。

身体を切開せずに体内の特定部分のみを短時間で加熱治療できるという。前立腺がん治療などで適用され、発生熱量を低くした形で美容医療やエステ業界にも応用されてきたという。シワやたるみの根本的な原因となる生体組織に直接作用し……(以下続く)

(本紙8月1日号「コンシューマーワイド」欄より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自前の試験施設を持ち、厳しい自動車テストを行うことで知られる米国の消費者団体コンシューマー・リポートc
  2. ニッポン消費者新聞2024年1月号
    特集 東京都消費者被害救済委員会 紛争解決を推進、今年度は4件を審議 ~新会長に沖野眞c
  3. 東京都庁
    ダイオキシン類やPCB、重金属などの化学物質について、東京都が食事からの一日摂取量を調査し、その20c
  4. 消費者庁
    高齢者が介護ベッド用手すり(サイドレール)の隙間に首などを挟んで死亡する事故が毎年発生しているとしてc
  5. 警察庁
    昨年の特殊詐欺の認知件数は前年比8.3%増の1万9033件で、2009年以降で最多となったことが警察c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る