コープ商品のエシカル対応加速、売上高の約半数占める

◎人権配慮商品の開発にも着手

日本生活協同組合連合会(日本生協連、土屋敏夫会長)がオリジナルブランド「コープ商品」のエシカル対応を加速させている。エシカル消費対応商品の2022年度総売上高は前年比6.5%増の2169億円に伸長し、コープ商品全体の約半数を占める見通し。プラスチック問題への取り組みにも注力し、22年度は280品を再生・植物由来プラスチックに切り替えた。今後は人権に配慮した商品の開発に乗り出し、エシカル対応をさらに拡大・深化させていく方針だ。

日本生協連

新年記者会見で事業概況や取今後の取り組みなどを報告した日本生協連の土屋敏夫会長(中央)、嶋田裕之専務(右)、藤井喜継専務(左)(1月19日、東京ミッドタウンにて)

日本生協連は1月19日、都内で記者会見を開き、事業概要や今後の活動方針などを報告。エシカル消費の取り組み状況についても説明した。

報告によると、コープ商品におけるエシカル消費対応商品の総売上高はこの5年で2倍になり、22年度は2169億円と過去最高を見込む。容器包装問題への対応が進み、エコマーク認定商品が前年比85%増、FSC認証商品が前年比19%増と売り上げを伸ばした。昨年3月からMELマーク付き「ふっくらしらす干し」を発売したことも大きく寄与したという。

エシカル消費対応商品の柱の一つ、「コープサステナブル」シリーズは2021年の本格展開以降、順調に伸長し、22年度売上高は174億円(前年比16.9%増)になる見込み。昨年3月には「海の資源を守る」「森の資源を守る」「Organic」の3テーマに加え、「リサイクル材使用」を追加した。ラインナップも68品を追加し、全195品と充実させる。

また、プラスチック問題への取り組みとして、再生PETボトル化(炭酸水)や紙容器化(トマトジュースや食用油)を推進。再生・植物由来プラスチックへの切り替えは22年度内に280品増加し792品にする。

今後はサプライチェーン上の人権課題にも取り組む方針で、現在、日本生協連グループにおける人権方針を策定中。藤井喜継専務は「特にカカオ原料については児童労働も指摘されているので情報収集を含めて取り組んでいる」と発言。人権に配慮した商品開発をさらに強化していくとしている。

記事訂正(2023年1月20日10時10分)…見出しの「コープ商品のエシカル対応加速 売上高の3分の2占める」及び記事中の「コープ商品全体の3分の2を占める見通し」に誤りがあり、正しくは「売上高の約半数占める」及び「コープ商品全体の約半数を占める」でした。お詫びして訂正いたします。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 電話相談
    大阪弁護士会の消費者保護委員会は4月26日・27日の両日、紅麹サプリ健康被害110番を実施する。小林c
  2. 豪州消費者団体Choice
    住宅ローンや家賃に関する苦情が増加しているのは銀行が苦境に立たされている人を十分支援していないからだc
  3. 鶏肉
    日本政策金融公庫が実施した畜産物の購入に関する消費者動向調査によると、食肉と牛乳について、およそ6割c
  4. コンシューマーリポート
    4月22日のアースデイを前に、米国の消費者団体コンシューマー・リポートは気候変動が消費者の財布に与えc
  5. 警察庁
    警察庁がまとめた生活経済事犯の検挙状況によると、2023年に全国の警察が摘発した特定商取引等事犯は前c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る