全国消費者大会、「地域から発信」テーマに開催へ 

全国の消費者団体が一堂に集い、活動実績を共有する「全国消費者大会」が3月16日と17日の両日、東京・四谷の主婦会館プラザエフで開催される。

56回目となる今年は、「地域から発信、全国で共同~消費者の対話、選択、行動が未来を変える~」というテーマで、4つの分科会と1つの特別分科会、及びそれを踏まえた全大会が予定されている。世界消費者権利デー(3月15日)に合わせ、関連集会としても位置付けられる。

16日の分科会は「消費者政策」「環境」「食」「雇用・貧困・社会保障」のほかに、「改憲でくらしはどうなる」と題する特別分科会を予定。宮城、福島からの参加者による「被災地からの報告」もある。

「消費者政策分科会」は「ネット取引の落とし穴」、「環境分科会」は「持続可能な地球環境づくりの目標~SDGsから考える」、「食分科会」は「食べることから見えるエシカル」、「雇用・貧困・社会保障分科会」は、「女性・若者の働き方と貧困」などがテーマ。

17日の全大会では地域の消費者問題解決へ向けていくつかの消費者団体の活動経験を題材に、今後の展望を話し合う。当日は「都内の消費者団体交流会から見えてきたこと」と題し、釜井英法弁護士(日弁連消費者問題対策委員会委員)、「埼玉県消団連の活動の経験とこれから」をテーマに岩岡宏保さん(埼玉県消団連代表幹事)が報告。

主催は同全国大会実行委員会。参加費は1人1000円、学生500円。参加申し込み、問合せは同実行委員会事務局(03・5216・6024)まで。

(本紙「ニッポン消費者新聞」2月1日号より転載)

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 震災関連
    消費者庁・伊藤明子長官は11月13日定例記者会見で、台風15号や19号などの災害発生後の生活再建期に...
  2. 除雪機注意喚起
    消費者庁は11月15日、死亡事故などの重大事故が毎年発生している「歩行型ロータリ除雪機」について、デ...
  3. アメリカ消費者連合
    消費者ローンの上限金利を36%に制限する「退役軍人及び消費者公正信用法」(the Veterans ...
  4. 栄養成分表示
    2015年4月に包装した加工食品への表示が原則義務付けられた「栄養成分表示」について、4割近くの人が...
  5. コイン
    特定適格消費者団体の消費者支援機構関西(大阪市中央区、藤井克裕理事長)は11月6日、外国株式の国内店...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る