液体ミルクの健康影響評価、あっさり通過 「すでにある技術」🔓

  • 2018/4/11
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

常温で保存でき、開封すればすぐに授乳ができる「乳児用液体ミルク」に関する食品健康影響評価が4月10日、食品安全委員会で行われた。殺菌方法や保存基準などを審議したが、規格基準案が既存の規定の組み合わせで構成されているため、約1時間であっさりと終了。食安委の佐藤洋委員長は「すでに確立している技術であり、適切に管理される限り問題はない」との認識を示した。

食品安全委員会液体ミルクの健康影響評価

食品メーカーや関係省庁担当者で傍聴席が埋まった食品安全委員会。液体ミルクの審議は約1時間で終わった(10日午後)

評価を依頼した厚生労働省は意見募集などを経て、早ければ夏にも省令を改正する方針だ。

乳児用液体ミルクの正式名称は「調整液状乳」。常温で長期保存が可能な上、湯で溶かすなどの作業を必要とせず、吸い口を装着すればすぐに授乳ができる。災害時や外出時に…(以下続く)

■委員会での主なやり取り(要旨)

食品安全委員会「賞味期限はどのように設定されるのか」

厚労省「調整液状乳は乳児用として消費者庁所管の特別用途食品の要件を満たす必要がある。製品を構成する栄養素は製造後、一定程度減衰するが…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. ACAP島谷克史理事長
    企業の消費者対応部署の担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、島谷克史理事長...
  2. ビール
    食品政策を監視する非営利団体「公益科学センター(CSPI)」は1月11日、ビールなどのアルコール飲料...
  3. 英国の消費者団体Which?
    米ネバダ州ラスベガスで始まった家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」で、英...
  4. 消費者庁
    消費者庁は1月16日、毎年5月に実施する消費者月間の統一テーマを発表した。昨年と同様のテーマに年度の...
  5. 東京都庁
    東京都がまとめた今年度上半期の「60歳以上の高齢者」相談は2万7466件で、前年同期比48.1%の増...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る