脱毛エステの相談2.6倍 6割が「倒産」関連 愛知県まとめ

今年3月末までの1年間に寄せられた脱毛エステに関する相談が292件に上り、前年度と比べて2.6倍に急増したことが5月23日、愛知県のまとめでわかった。全体の6割が業者の経営破綻に関連する事例で、「ほとんど施術を受けないまま業者が倒産してしまった。クレジット契約したが、残りは支払いたくない」などの事例が寄せられた。県は「脱毛エステは契約期間が長く、料金も高額になりがち。安易に契約せず、不要であればきっぱりと断ってほしい」と呼びかけている。

県によると、県内窓口に寄せられた2017年度の脱毛エステの相談は292件。前年の113件と比べて2.6倍に増加し、過去5年間で最も多かった。全体の57.5%が「倒産」に関する事例で、経営破綻によるサービスの不履行に関する内容のものが目立った。こうした相談に対して、「分割の支払い残高がある場合は、クレジット会社に支払い停止の抗弁書を出すよう助言している」(県民生活課)という。

それ以外の相談では、割引体験クーポンや友人の紹介で訪れたエステ店で勧誘され、その場で高額な契約をしてしまうケースが目立った。また、熱傷5件、皮膚障害3件、凍傷1件の危害事例も寄せられていた。

脱毛エステを巡っては、昨年4月に「エターナルラビリンス」を全国展開していた業界大手のグロワール・ブリエ東京が倒産するなどしたが、県は「複数の事業者の事例が寄せられていて、特定の1社というわけではない」とした。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 主婦連合会
    各地の消費者団体がLPガス(プロパンガス)の取引透明化を求める中、全国消費者団体連絡会(全国消団連)...
  2. U.S. PIRG
    バイデン次期米大統領がジョン・ケリー元国務長官を次期政権の「気候変動問題に関する大統領特使」に指名し...
  3. 売り上げ好調な金のつぶとフルーティス
    ミツカンの上期(3-8月)業績は、新型コロナ感染拡大の影響で国内外ともに業務用事業が苦戦したものの、...
  4. 電気ストーブの洗濯物着火事故
    本格的な冬の到来を前に、NITE(製品評価技術基盤機構)は11月26日、暖房器具の火災事故に注意を呼...
  5. 欧州消費者同盟
    欧州議会で製品の安全性と持続可能性を強化するための規則案が採択されたことを受け、消費者団体BEUCは...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る