ステルス値上げ、2割が「買うのをやめた」 消費者庁調査

商品の価格を据え置きながら内容量を減らす「ステルス値上げ(実質値上げ、隠れ値上げ)」――。

加工食品や生活用品、はたまた飲食店のメニューなどで広く行われている商行為だが、このステルス値上げを消費者がどのように感じているのか、消費者庁が意識調査を実施した。2割を超す人が買うのをやめたり、不誠実だと感じたりしていた。

消費者庁のモニター調査によると、ステルス値上げについて(複数回答)、80.8%の人が「3年前と比較して実質値上げが増えたと感じる」と回答。23.9%が「日常的に買っている商品について、実質値上げが原因で買う商品を変えた(または買うのをやめた)ことがある」とし、22.6%が「実質値上げは不誠実だと感じる」と答えた。

一方、19.1%が「物価上昇による実質値上げは仕方がない」と答え、容認する声があったほか、3.6%と少数ながら「実質値上げは買う量や商品の選択に影響しない」との回答もあった。

ステルス値上げに関する設問は、7月18日に発表された平成30年7月物価モニター調査の中で行われたもの。この調査は7月5日~9日に実施され、1414人が回答した。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 食品安全委員会リスコミ官秋元京子さん講演
    インターネット上に健康をアピールする食品があふれる中、全国消費者団体連絡会は9月25日、健康食品との...
  2. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は9月8日から10月2日まで、アプリストアに関する消費者...
  3. 消費者庁事業者名公表
    マンションの管理会社の関係者を装ってインターネット接続サービスが切り替わるとウソを告げて、接続サービ...
  4. 山田昭典国民生活センター新理事長
    独立行政法人国民生活センターの松本恒雄理事長に代わり、10月1日から公正取引委員会元事務総長の山田昭...
  5. 東京都庁
    東京都は9月24日、令和元年度の「インターネット広告表示監視事業」の結果を発表。1年間の監視対象2万...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る