灯油高騰に危機感 北海道消費者協会など価格抑制を緊急要請

世界的な原油高を背景に灯油の価格上昇が続いていることを受け、北海道消費者協会(畠山京子会長)と札幌消費者協会(高橋幸一会長)は連名で10月12日、便乗値上げの監視や生活困窮者への支援などを経済産業省北海道経済産業局に緊急要請した。

北海道消費者協会の調べでは、道内の灯油の平均小売価格(10月1日~5日)は1リットル当たり97.1円で、昨年同期比28.3%の上昇、金額にして21.4円も高騰した。札幌市内の価格推移をみても、今年6月以降、前年より約30%高い状態が続いており、今冬には100円を大きく超えてくる可能性もあるという。

2016年度家計調査によると、北海道における灯油の年間消費量(2人以上世帯)は平均1049リットルで、全国平均の5.4倍に上る。両協会は「本格的な灯油需要期を控え、このままでは特に年金生活者や低所得者の暮らしに大きな打撃となる」と強調、「胆振東部地震や台風で被災した地域の経済にも大きな影響がでる」と危機感を募らしている。

両協会は灯油価格の抑制と安定供給を北海道経産局の牧野剛局長に緊急要請し、便乗値上げの監視や消費者への情報提供、生活困窮者への市町村を通じた支援の強化などの対策を求めた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ヱビスビール
    日本ブランドの輸入プレミアムビール人気が高まっているとして、サッポロビールは7月13日、同社主力ブラ...
  2. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県立消費生活総合センターは8月5日~7日にかけて、小学生とその保護者を対象とした消費生活講座「小...
  3. 国民生活センター
    電力は4年、ガスが3年経過した小売り全面自由化。国民生活センターはこのほど、電力・ガスの小売りに関す...
  4. アメリカ消費者連合
    米国内の250以上の消費者団体で組織する「アメリカ消費者連合」(CFA)は7月13日、不動産情報サイ...
  5. イベント
    国内で「新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA」が導入されるなど、コロナ対策としてIT(情報技術...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る