有料老人ホーム110番に深刻相談 終の棲家どう選ぶ🔓

公益社団法人全国有料老人ホーム協会の苦情処理委員会は10月23日から25日までの3日間、「有料老人ホームなんでも相談~有料老人ホーム110番~」を開催した。ホームなどの入居者および入居希望者から相談・苦情・意見・希望などを受け付けた。この「110番」は同協会「苦情処理委員会」が1997年から実施、20年の実績を持つ。毎年幅広い相談を受け付け、事例によっては該当ホームに対し指導・勧告・改善要請も実施する。アドバイスによって解決した問題も多い。来年3月にも110番実施を予定している。

有料老人ホーム110番

110番には入居者・家族からの深刻な相談も(10月23日、全国有料老人ホーム協会にて)

今回も「相談をよく聴きとり適正な対応ができるよう」1部屋に電話器1台ずつ3部屋を使い実施された。同協会・事業推進部では「12月中に相談内容の速報をまとめる」とし、超高齢社会の進展を踏まえ、苦情事例が適正に現場改善に寄与するよう働きかけていく。今回も協会登録機関以外のホームに関する相談も目立ち、入居者と家族だけではなく、ホーム側からの相談も寄せられた。

「終の棲家はどうあるべきか」――。超高齢社会の到来は衣食住すべてに重大な影響をもたらす。特に高齢者施設への入居は、生活拠点の変更による環境激変と、地域コミュニティ感喪失による不安増長の要因にもなりかねない。施設事業者には、消費者への適切な情報提供と、苦情相談対応を踏まえた迅速な改善措置が求められる。

全国有料老人ホーム協会の「苦情処理委員会」は10月23日から25日までの3日間、「有料老人ホーム110番」を開催。当該会員ホームだけではなく、「サービス付高齢者向け住宅」(サ高住)や認知症高齢者グループホームなどの民間施設をはじめ…(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」11月1日号より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. イベント
    食の安全・監視市民委員会(代表・神山美智子弁護士)は農薬グリホサートが多くの食品から検出されているこ...
  2. エスカレーター
    エスカレーターの安全な乗り方を実践してもらおうと、首都圏の都県と政令指定都市で作る「九都県市首脳会議...
  3. 新型コロナウイルス感染拡大により在宅時間が増える中、英国の消費者団体which?は8月7日、「消費者...
  4. インターネット
    「届いた商品がイメージと違う」「想像していた大きさと違った」――。 実物を確認できないネットシ...
  5. 風力発電
    石油世界大手の英BPが2030年までに石油・ガス生産量を19年比で40%削減する方針を示したことを受...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る