【米国】フェイクニュース横行 FTC、宣伝手法の見直し要求

ビル・ゲイツ氏などを登場させたフェイクニース(虚偽の報道)を配信して、サプリメントを大々的に宣伝する事件が起きたことを受け、米連邦取引委員会(FTC)は4月10日、企業に対し、広告手法の点検や見直しを呼びかけた。ニュースを装った広告の禁止やアフィリエイトの監視などを求めている。

フェイクニュースサイト

違法性が指摘されたフェイクニュースサイト(FTCホームページより)

事件を起こしたのは4人の個人など。4人は運営するウェブサイトで、認知強化サプリメント「Geniux」「Xcel」「EVO」などを1瓶47~57ドルで販売。その際、科学的根拠もなく「脳ためのバイアグラ」「短期・長期の記憶改善」「IQ向上」などと表示していた。

また、少なくとも36のアフィリエイト・ネットワークを駆使して、同様の宣伝をしたほか、著名人を登場させたフェイクニュースサイトを開設して、大々的なキャンペーンを展開していた。CNNを装ったニュースサイトでは、ビル・ゲイツ氏の写真を載せて「信じられない結果だ。私の精神的パフォーマンスが1日で向上した」とコメントさせたり、有名な記者に「スティーヴン・ホーキンス博士が頭がシャープになり、明瞭になったと語った」などと報道させたりしていた。さらに、記事のコメント欄には「摂取してから3週間後に昇進した」などの偽の投稿を行っていた。

FTCは同日、4人とこれに関わった12社を提訴し、和解案として4人に1456万ドル、12社に1158万ドルの支払いを求めた。

FTCのアンドリュー・スミス消費者保護局長は「ニュースのように見せかけて、有名人に商品を推奨させたり、購入者の偽のコメントを載せたりした場合、我々は企業に説明責任を負わせることになる」と警告。企業に対し、「関連会社や他社に宣伝を行わせるなどして、ネットワーク構造を複雑にしても、法執行を逃れられるものではない」と釘を刺し、アフィリエイトの監視や宣伝文句の点検・見直しを求めた。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る