【米国】フェイクニュース横行 FTC、宣伝手法の見直し要求

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ビル・ゲイツ氏などを登場させたフェイクニース(虚偽の報道)を配信して、サプリメントを大々的に宣伝する事件が起きたことを受け、米連邦取引委員会(FTC)は4月10日、企業に対し、広告手法の点検や見直しを呼びかけた。ニュースを装った広告の禁止やアフィリエイトの監視などを求めている。

フェイクニュースサイト

違法性が指摘されたフェイクニュースサイト(FTCホームページより)

事件を起こしたのは4人の個人など。4人は運営するウェブサイトで、認知強化サプリメント「Geniux」「Xcel」「EVO」などを1瓶47~57ドルで販売。その際、科学的根拠もなく「脳ためのバイアグラ」「短期・長期の記憶改善」「IQ向上」などと表示していた。

また、少なくとも36のアフィリエイト・ネットワークを駆使して、同様の宣伝をしたほか、著名人を登場させたフェイクニュースサイトを開設して、大々的なキャンペーンを展開していた。CNNを装ったニュースサイトでは、ビル・ゲイツ氏の写真を載せて「信じられない結果だ。私の精神的パフォーマンスが1日で向上した」とコメントさせたり、有名な記者に「スティーヴン・ホーキンス博士が頭がシャープになり、明瞭になったと語った」などと報道させたりしていた。さらに、記事のコメント欄には「摂取してから3週間後に昇進した」などの偽の投稿を行っていた。

FTCは同日、4人とこれに関わった12社を提訴し、和解案として4人に1456万ドル、12社に1158万ドルの支払いを求めた。

FTCのアンドリュー・スミス消費者保護局長は「ニュースのように見せかけて、有名人に商品を推奨させたり、購入者の偽のコメントを載せたりした場合、我々は企業に説明責任を負わせることになる」と警告。企業に対し、「関連会社や他社に宣伝を行わせるなどして、ネットワーク構造を複雑にしても、法執行を逃れられるものではない」と釘を刺し、アフィリエイトの監視や宣伝文句の点検・見直しを求めた。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. コンシューマーリポート
    米大手ブランドの離乳食から高レベルの重金属が検出された問題で、23州の司法長官が連名で10月21日、c
  2. 国民生活センター
    国民生活センターは10月21日、「消費者トラブルメール箱」(消費者トラ箱)に2020年度約1万2千件c
  3. 消費者庁
    消費者庁は10月20日、22団体目となる適格消費者団体と、4団体目にあたる特定適格消費者団体を認定しc
  4. 豪州消費者団体Choice
    オーストラリアで植物由来の代替食品が台頭している。代替肉にとどまらず、ラザニア、ヨーグルト、コンデンc
  5. 自動車用タイヤの空気圧を監視する「TPMS」(タイヤ空気圧監視システム)。米国では2009年9月からc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る